高頻度データの強みと弱み 吉崎和宏 【日銀の目】

 国内外の経済は、新型コロナウイルス感染症の影響を強く受けており、感染症の拡大度合いと公衆衛生上の措置の有無に景気が左右される傾向が続いている。我が国でも、2020年4~6月に実質GDPの季節調整済み年率成長率がマイナス28・8%と大きく落ち込んだ後、7~9月には同プラス21・4% ・・・

【残り 1261文字】



  • LINEで送る