10・14「鉄道の日」記念グッズ続々 イベントでもアピール 千葉県内鉄道各社

  • LINEで送る

京成電鉄が発売した「新型スカイライナーTシャツ」
京成電鉄が発売した「新型スカイライナーTシャツ」

 10月14日は鉄道の日-。千葉県内の鉄道各社がこの日を記念し、電車関連のグッズを発売している。イベントなども実施し、国内で初めて鉄道が営業運転を始めた記念日を盛り上げる。

 北総鉄道は、記念の硬券入場券セットを発売した。矢切-印旛日本医大駅間の5駅の入場券をセットに、同線で活躍した車両がデザインされている。同社は創立40周年を記念したカレンダーも販売中。入場券セットは950円で千セット限定、カレンダーは500円で2千セット限定。

 京成電鉄は、新型スカイライナーをデザインしたオリジナルのTシャツとストラップを発売。同車両はブルーリボン賞などを受賞し、子どもから大人まで人気が高いことから、Tシャツは子ども用2サイズと大人用の計3サイズを用意した。サイズにより1500~2千円で、各200枚限定。ストラップは500円で4500個限定。

 各社はイベントでも鉄道の日をアピール。京成電鉄は9日まで東京都の日比谷公園で開かれる「第18回鉄道フェスティバル」に参加し、オリジナルグッズを販売する。つくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道も来年のカレンダーを同フェスティバルで先行販売する。

 問い合わせは、北総鉄道、電話047(445)1902、京成電鉄、電話03(3831)0131、つくばエクスプレス、電話0570(000)298へ。