2020夏季千葉県高等学校野球大会

京成電鉄が乗り放題乗車券発売 限定1万枚、コロナ被害の沿線支援 創立111周年記念乗車券も

京成電鉄が販売している全線乗り放題乗車券
京成電鉄が販売している全線乗り放題乗車券
創立111周年の記念乗車券
創立111周年の記念乗車券

 京成電鉄は、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた沿線の施設を巡ってもらおうと、全線乗り放題の1日乗車券(3日間分)の販売を限定1万枚で始めた。観光施設や飲食店など沿線の約140施設で乗車券を提示すると、割引などの優待特典も受けられる。

 同社によると、全線乗り放題の1日乗車券は20年ぶりの発売。1枚3千円で、8月31日の有効期間内に1人3日分まで利用できる。同じ行程であれば3人で1日の利用も可能。京成線全駅(北総線内各駅を除く)で販売している。

 同社ホームページで沿線を巡るモデルコースや、優待特典の内容を紹介している。同社の担当者は「少しでも地域の盛り上げにつながれば」と期待した。

 同社はまた、創立111周年記念の乗車券を限定3千部で発売している。「1」をかたどった乗車券2枚としおり1枚をセットにした。同社は1909年6月30日の創立で、111年が「数字が並んできれい」(担当者)なため作成した。

 京成千葉駅や京成船橋駅などの窓口で千円で販売している。問い合わせはお客様ダイヤル(電話)0570(081)160。


  • LINEで送る