食材鮮度保つ技術が柱 地方の産業おこしに意欲 アビー (流山市) 【ちばの元気企業】

 魚介類や食肉など食材の細胞組織を壊さず凍結し、鮮度を保つ技術を開発したアビー(流山市、大和田哲男社長)。食料の備蓄に有効と、製造する装置の販路が海外に広がっている。福祉作業所で下ごしらえした食材の保存に活用され、 ・・・

【残り 953文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る