公的支援の利用促進 制度説明や事例報告 千葉銀がセミナー

  • LINEで送る

 千葉銀行は11月10日、「公的支援策使いこなしセミナー」を千葉市中央区の塚本ビルちばぎんセミナールームで開く。国や自治体などが実施している中堅・中小企業向けの公的支援策の活用を促すのが狙いで、同様のセミナーは県内地銀で初めて。

 国や自治体には制度融資や助成金などの資金調達策だけにとどまらず、経営革新制度、専門家派遣など新たな事業展開や経営課題の解決に活用できる制度がある。セミナーを通じ顧客にそれらの制度への理解を深めてもらい、今後の事業に役立ててもらう。本年度中に東葛地区で2回目の開催を予定しており、以降も継続的に開催していきたい考え。

 第1部の講演会では、「経営革新制度の概要とメリット」「県産業振興センターの中小企業支援策について」と題し、県や同センターの担当者が支援策を説明。経営革新制度を活用して優れた実績を挙げ、「第1回経営革新優秀企業」(県主催)の最優秀企業賞を受賞した東葛工業(千葉市美浜区)の細井良則社長が事例報告も行う。