来場10万人突破 メッセ迷路イベント

チーバくんを模した巨大な「チーバくん迷路」
チーバくんを模した巨大な「チーバくん迷路」

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で日本最大級の迷路イベント「8つの迷路王国」(幕張メッセなど主催)が開催中だ。8日には来場者が10万人を突破。夏休みの家族連れでにぎわっている。9月1日まで。

 県のキャラクター・チーバくんを模した「チーバくん迷路」、からくり壁などの仕掛けが満載の「忍者迷路」といった八つの迷路を設置。一番人気は暗闇に張り巡らされたレーザーをくぐり抜ける「レーザー迷路」で、50分待ちの行列ができるほど。

 今年が初開催。会場にはフードコートも設けている。国際展示場のホール11で、午前9時半~午後4時(最終入場)。入場料は大人が1800円、小学生が千円、未就学児が600円。


  • LINEで送る