エンドウ物流が破産 不正受給で信用失墜 野田の運送業負債9億円

  • LINEで送る

 帝国データバンク柏支店によると、野田市の一般貨物自動車運送、エンドウ物流(遠藤佳幸社長)が12日までに、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。9月に中小企業緊急雇用安定助成金4107万円の不正受給が発覚したことにより信用が失墜し、資金繰りが悪化した。負債額は9億6800万円。