サーフィンデザイン缶 4月23日から千葉県内限定販売 五輪へ、アサヒビール

  • LINEで送る

 アサヒビール千葉統括支社の中村昭彦支社長は18日、千葉県庁を訪れ、サーフィンのイラストをデザインしたアサヒスーパードライの県内限定デザイン缶(350ミリリットル)を、県オリンピック・パラリンピック推進局の高橋俊之局長にPRした=写真。2020年東京五輪・パラリンピックの機運を高めようと、23日から県内のスーパーなどで販売される。

 中村支社長は「一宮町で開催されるサーフィンを盛り上げることができれば」とアピール。高橋局長は「家庭や地域で五輪の話題が出るきっかけになる」と期待した。