独自ルートで合板製造 “アウトロー”経営で変革 宮崎工業(市原市) 【平成ちば夢開拓社】

  • LINEで送る

 建物の土台となるコンクリート形成に欠かせない「型枠工事」。資材となる木製の板(合板)は、使い捨てのため大量消費が基本だ。宮崎工業(市原市)の宮崎浩治社長(55)は、「コストもかさむし、エコにも ・・・

【残り 847文字、写真 1 枚】