飯岡特産「タカミメロン」ロールケーキに 山崎製パン千葉工場

 山崎製パン千葉工場(千葉市美浜区)は7月から、飯岡地方(旭市)特産の「タカミメロン」を使ったロールケーキ「メロンロ~ル」を販売する=写真。

 県内の農協などがタカミメロンの果肉で仕上げたピューレを、同工場でクリーム状に加工、生地に織り込んだ。甘さは控えめで、メロンが豊かに香るという。

 包装はメロンを連想させる鮮やかな緑地にケーキの写真をあしらった。従来の菓子パンに多かった透明の包装は内側にクリームが付着し見栄えが悪くなるため、遮蔽(しゃへい)式を採用した。

 予定販売期間は8月までだが、売れ行きを見て9月以降の生産も検討。担当者は「飯岡産のタカミメロンは品評会で評価が高いのに県民にあまり浸透していない。これを機に知名度が高まり、地元の活性化につながれば」と話す。関東圏を中心に量販店やコンビニで販売、今夏で7万6千個以上の売り上げを目指す。希望小売価格は税抜き120円。


  • LINEで送る