地元の開拓精神生きる 色づき始めた「灰色の街」 街づくり 【マクハリ20年】

 「夜になると人っ子一人いなくて。歩くのが怖いぐらいだった」。関連会社の新日鉄から幕張新都心のビル運営会社、幕張テクノガーデンに坂本敬社長(62)が移ってきたのは1998年。街にはバブル崩壊の後遺症が残り、点在する空き地が目立った。幕張と言えば「無機質」。そんな揶揄(やゆ)の言葉が既に定着していた。

 「役人は2~3 ・・・

【残り 1427文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る