ORICON NEWS


映画『ハロウィン KILLS』ブギーマンのマスクを剥がそうとする衝撃展開

  • LINEで送る

映画『ハロウィン KILLS』(10月29日公開)衝撃展開の最終予告 (C)UNIVERSAL STUDIOS

 映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生み出した鬼才ジョン・カーペンター監督によるホラー映画『ハロウィン』(1978年公開)。その後、デヴィッド・ゴードン・グリーン監督により78年版の40年後を描いた正統な続編『ハロウィン』(2018年)が製作され、さらにその続きを描いた新作『ハロウィン KILLS』が10月29日に公開される。

【動画】映画『ハロウィン KILLS』最終予告

 最新作で主人公ローリー・ストロードを演じるのは1978年版からシリーズを支え続けるジェイミー・リー・カーティス。そして、2018年の作品から引き続き、ローリーの娘カレン役のジュディ・グリア、孫娘アリソン役のアンディ・マティチャックが出演。三世代でブギーマンに立ち向かう。

 今回解禁されたのは、マイケル・マイヤーズのマスクを剥がそうとする衝撃展開満載の予告編。

 「助けてはダメ!」。 ローリーの悲痛な叫びとともに始まる。ローリーが燃え盛る炎で葬り去ったはずが、生還してしまった“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズは再びハドンフィールドの街で凶行に及ぶ…。

 「40年前、ブギーマンが私たちの前に現れた――」。かつて、ただ怯え逃げながら反撃するのも精一杯だったローリー・ストロードの過去の姿がフラッシュバックする。

 続いて当時の惨劇を経験したハドンフィールドの住人達の過去と現在の姿も映し出される。1978年『ハロウィン』でまだベビーシッターにあやされる子どもだったリンジー・ウォレス(カイル・リチャーズ)、そして最初に襲われた看護師マリオン・チェンバース(ナンシー・スティーヴンス)らが40年ぶりに再登場することが明らかに。

 長年ブギーマンの影に怯え生きてきた彼女たちも悪夢を終わらせようと決意。「今度こそ、私たちが、必ず終わらせる―」固く決意するローリー――3世代と共にハドンフィールドの住人達が不死身のブギーマンに対して勝負に出る。

 「悪魔を殺せ!」と群衆が暴走しそうな中、マイケルはかつて自分が生まれ育った家に向かっていることが判明する。ローリーたちは40年にもわたる因縁に終止符を打つことができるのか―!? そしてついに、マイケルのマスクが剥がされるのか? 混乱に満ちた戦いは決着するのか!? 本編への期待が高まる衝撃の最終予告となっている。