ORICON NEWS


斎藤工、秋元康氏企画・原作ドラマ『漂流者』主演「僕自身が“見たいもの”を」 記憶喪失の全裸イケメンに

  • LINEで送る

7月スタートテレビ朝日金曜ナイトドラマ『漂着者』で主演を務める斎藤工 (C)テレビ朝日

 俳優の斎藤工が、7月スタートのテレビ朝日金曜ナイトドラマ『漂着者』(後11:15~深0:15 ※一部地域で放送時間が異なる)に主演すると11日、発表された。企画・原作は秋元康氏が務める。

【写真】リアルに変身! 斎藤工、特殊メイクで老爺に変身

 とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まる物語。偶然、発見した女子高生たちが、軽い気持ちでSNSに動画を投稿したことで、<#イケメン全裸漂着者>というワードがトレンド入りするほどバズり、男は一躍時の人に。また、発見時につぶやいた言葉から『ヘミングウェイ』と呼ばれ注目を浴びるなど、人気も急上昇。さらに、記憶がなく、自分が何者かもわからないこの男が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていく。

 主人公は正体不明。そんな本作の企画・原作を担当するのは、『あなたの番です』『共演NG』などの作品を世に送り出し続ける稀代のヒットメーカー・秋元康氏。本作は、SNSが情報を席巻するこの時代において、まつり上げられるのも一瞬、叩き落されるのも一瞬という現代社会の恐怖、そして正体不明の男がまるで“教祖”のように人々を狂信させていくさまを描く、衝撃作となっている。

 記憶もなく、自分の名前すらわからない。そんな正体不明の漂着者で、のちに人々から崇められることになるほどの求心力をもつ謎の男・ヘミングウェイを演じるのは斎藤工。斎藤が、テレビ朝日の連続ドラマ初主演となる本作で、また新たな人物像に息を吹き込むことになる。

■斎藤工コメント
――本作に出演が決まった際のお気持ちをお聞かせください。
【斎藤】実はかなり前にこのお話をいただいていたんですが、まず、「なぜ僕なんだろう…」と思いました。でもその後、今、このタイミングで作品自体も“漂着する”ことになり、すべての点が線になってつながったような不思議な体験をしています。『共演NG』の時にも、「秋元さんはどこまで先が見えている方なんだろう」と感じていたんですが、エンターテイメントを通じてみんなが思っていたことを表現してくださいますよね。サブスクリプションが主体となってきている時代に、民放のドラマはどうあるべきか、を示唆する作品だったなと思います。この『漂着者』は、演じる僕自身が確固たる答えをもつというよりは、演じながら秋元さんのビジョンにたどり着いて行く、そんな作品になっていくんだと思います。

――台本を読んだ感想をお聞かせください。
【斎藤】僕は映画が好きなので、年齢の割にはいろいろな作品を見てきた方だと思うんですが、このドラマは何とも似つかない、かといってすごく奇をてらっているわけでもない。そして、新しいけれど懐かしい…という、すごく不思議な気持ちになりました。今のこのご時世において、僕らは何かを断言してくれる人を求めているんじゃないかなと思います。そういう僕らが必要としている存在の象徴、一つの概念として、ヘミングウェイの姿を描いているドラマなんじゃないかなと思いました。

――正体不明のヘミングウェイを演じるにあたり、準備していることや参考にしている人やものがあれば教えてください。
【斎藤】実際に僕の周りにも記憶の一部を失っている方がいらっしゃるんです。その方を見ていて、僕自身、何かを失った時に、別の能力が倍増してリカバリーするという、人間がもともと持ち合わせている英知を超えた能力というのは、実際にあると思っています。厳密にいうと、この方がモデルというわけではないんですが、これまで見てきた作品の主人公も含めていろいろなものを参考にさせていただきました。ヘミングウェイは地上に降り立った人なのか、もしくは天界の人なのか…。地面から数センチ浮いているような価値観をもっているんだと思います。僕が思っている概念と、秋元さんが僕を選んでくださった事実に身を投じて、ヘミングウェイになっていけたらいいなと思います。

――もし、ヘミングウェイのような人物が現れたら。
【斎藤】僕らは今、人前に立って発言する職業の人たちの言葉の意味、本質みたいなものを吟味していると思うんです。人前に立つ公の人を、より厳しく見ている時期で、言葉の奥にある本質に目を凝らし、耳を澄ましている。一国民として僕自身も正直、純度が保たれた言葉がなかなか見当たらないな…と少し感じています。そういう意味でも、ヘミングウェイはそういう純度を保った言葉を残す、僕らが求めている人物なのかなと思います。

――撮影に向けての意気込みと、視聴者の皆さんへのメッセージを。
【斎藤】このドラマは足掛け3年で実現することになったんですが、いま振り返ってみると「この時間は必要なものだったんだな」と思います。2021年、皆さんに必要とされるドラマになっていく、そんな必然性を感じています。秋元さんが見ていらっしゃる“今”と“未来”を提示し、さらに僕自身が“見たいもの”を作っていきたいと思います。

■秋元康氏コメント
 毎日のように、テレビや新聞や雑誌で取り上げられている話題の人物が、もしも身許を偽ったとしても、今のネット時代、すぐに『あいつは、〇〇だ』と特定されるでしょう。では、もしも、どれだけマスコミが調べても、どこの誰なのか全くわからない正体不明の人物が現れたとしたら? しかも、その人物が『過去のことを全く思い出せない』と言い張る記憶喪失のイケメンだとしたら? そして、それが意味ありげに微笑む斎藤工だとしたら? 彼はどこからやって来たのでしょうか。何のために?

 そんなストーリーの続きを観たくなる“クリフハンガー”満載のドラマを企画しました。