ORICON NEWS


映画『明日の食卓』菅野美穂のゲンコツが子役を直撃した本編シーン

  • LINEで送る

映画『明日の食卓』(5月28日公開)スーパーで喧嘩をはじめた息子たちを叱る留美子(菅野美穂)(C)2021「明日の食卓」製作委員会

 女優の菅野美穂が主演する映画『明日の食卓』(28日公開)より、菅野演じる石橋留美子が2人の息子とスーパーで買い物をしているシーンの本編映像が解禁された。

【動画】スーパーで買い物中のあるあるかも…本編映像

 本作は、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した「十二歳」で作家デビューし、数々の受賞歴のある椰月美智子が2016年に発表した同名小説を社会派エンタテインメントの旗手である瀬々敬久監督が実写映画化。菅野をはじめ、高畑充希、尾野真千子が三者三様の母親を演じる。

 菅野が演じる留美子は、神奈川県在住の仕事復帰を目指す43歳のフリーライター。高畑が演じる石橋加奈は、大阪府在住の30歳のシングルマザー。尾野が演じる石橋あすみは、静岡県で優しい夫と自慢の優等生の息子に囲まれ幸せそうに暮らす36歳の専業主婦。住んでいるところも家庭環境も異なる3人だが、3人とも“石橋さん”で、同じ「ユウ」という名前の小学5年生・10歳の息子を育てている、という共通点があった。

 解禁されたのは、喧嘩を始める息子たちを必死になだめようとする留美子だが、その心配をよそに、息子たちはカートで助走をつけ、ほかの買い物客にカートをぶつけてしまう。そして弟をぶってしまう兄の悠宇を捕まえ、ゲンコツを落とす留美子。その一連の様子に、虐待を疑っているような訝しい視線を送る買い物客。そんな買い物客に思わず頭を下げてしまう留美子だが、「あなただっていつか同じ状況になれば分かるはず…」とモノローグが入る。この様子を、留美子は大人気の子育てブログ『鬼ハハ&アホ男児Diary』に書き留めており、実はこのブログが本作で描かれる3つの石橋家を繋ぐ重要な架け橋にもなっている。

 先日行われた完成報告会では、息子役の外川燎に対して菅野がゲンコツをする場面で「最後に一発入ってしまって…。(外川が)“え…”となって目もウルウルしてきて」(菅野)と、熱演ゆえのハプニングがあったことを告白。瀬々監督が「凄い音がした!」とあおると外川も「痛かったです!」と告白して笑わせるひと幕もあった。“どこかで見たことのある”母親と息子の日常を切り取ったシーンからは、「こんなはずじゃなかった…」と理想と現実の狭間で揺れる母親の迷いも垣間見え、まさに他人事ではないリアルな現実を感じさせるシーンである。