ORICON NEWS


公開が待ち遠しい、ディズニー新作映画 『クルエラ』『ジャングル・クルーズ』『シャン・チー』

  • LINEで送る

映画『クルエラ』5月27日より映画館&5月28日よりディズニープラス プレミア アクセス公開 (C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 2021年も半分を迎えようとする中、続々と公開を控える、笑って、感動して、興奮できるディズニー最新作。ディズニー史上最も悪名高きヴィラン誕生の物語から、あのディズニーランド人気アトラクションの実写映画、マーベルの新たなヒーローなど、期待のディズニー作品が目白押し。どれも絶対に見逃せない最新作を一挙紹介する。

【動画】ディズニー最新作『クルエラ』本予告

■『クルエラ』
5月27日(木)映画館&5月28日(金)ディズニープラス プレミア アクセス公開

 『美女と野獣』『アラジン』のディズニーが『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンを主演に迎え、名作アニメーション『101匹わんちゃん』のヴィラン<悪役>“クルエラ”の誕生秘話を実写映画化した、パンクロック・エンターテイメント。

 クルエラは、アニメーション『101匹わんちゃん』に登場し、毛皮のコートを作るためにダルメシアンを盗もうとする残酷なヴィラン。希代の悪女として恐れられてきたが、そんな彼女にも少女時代があった――その名はエステラ。デザイナーを目指してパンク・ムーブメント吹きあふれる70年代ロンドンへと降り立ったエステラは、デザイナーを目指して日々必死に働くが、カリスマ・デザイナー、バロネスとの出会いが彼女の運命を大きく変える…やがて彼女は心の奥底にずっと隠していた自分の本当の声に従い、ついに“クルエラ”として覚醒する──。

 『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンを主役に迎えた本作は、見るだけで楽しいクルエラの過激なパンクファッション、70年代ロンドンのお洒落な街並み、そして少女がヴィランへと変貌するまでの凄まじいドラマが見どころ。壮大な舞台や豪華なファッションなどディズニー作品の魅力を残しながらも、クルエラの“パンク”で激しいシーンの数々を描いた本作は、まさにいままでのディズニー作品とは一線を画す作品となりそうだ。

■『ジャングル・クルーズ』

7月30日(金)全国公開

 ウォルト・ディズニーによる最初のディズニーランドに1955年のオープンと同時に作られた、ジャングルをボートで探検する“ジャングル・クルーズ”。この超人気アトラクションが史上空前のスペクタクル・アドベンチャーとして、映画化される。

 アマゾンに伝わる不老不死の伝説、を手にした者は、永遠の命を手にすると伝えられていた。その秘宝を追い求めて抜群の行動力と探求心を兼ね備えた女性医師のリリーは、ミステリアスで危険に満ちたアマゾンのジャングルへ出発する。

 彼女が相棒に選んだのは、観光客相手のクルーズ・ツアーの船長フランク。ジャングルに生息する珍しい動物や、スリルあふれる先住民の村、“滝の裏側”などの名所の数々を、ジョーク(ときにヤラセも…)を交えながら観光客相手にガイドする。そして彼にもまた<奇跡の花>を探す“ある理由”があった…。

 目的地は、「伝説に近づく者は全て呪われる」と言われる、アマゾンの上流奥深くの“クリスタルの涙”。はたして、そこで彼らを待ち受ける、謎に包まれた《恐るべき真実》とは…?いま、ミステリアスなジャングルを舞台に、不老不死の力を秘めた<奇跡の花>をめぐる、壮大なスケールの争奪戦が開幕する。

 いまやエンターテイメント界のトップに君臨する、「ワイルド・スピード」シリーズ、「ジュマンジ」のドウェイン・ジョンソン演じる、ジャングルを知り尽くした頼れる船長フランク船長のコミカルなキャラクターや、映画『メリー・ポピンズ リターンズ』で主演を務め、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされたエミリー・ブラント演じる女性医師リリーとフランク船長の絶妙なコンビネーションなど、笑って楽しめる見どころ満載の本作。二人のバディ感を生かした、この夏に絶対見たいノンストップ・アクションに注目が集まる。

■『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

9月3日(金)全国公開

 全世界を席巻し、衝撃と感動を巻き起こした映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約2年、世界中の多くのファンが最新作を待ち望む中、遂にマーベル・スタジオが本格的に再始動。

 これまで、アイアンマンやキャプテン・アメリカ等、世界中の人々が魅了されるような魅力的なキャラクターを数多く生み出してきたマーベル・スタジオから、アベンジャーズの系譜を受け継ぐ新たなヒーロー、シャン・チーの物語が幕を開ける。

 タイトルにも入っている “テン・リングス” とは、「アイアンマン」シリーズや、『アントマン』の劇中にも登場していた犯罪組織の名前。本作では、これまで深く描かれることのなかった “テン・リングス” の謎も遂に明かされることとなる――。

 主演シャン・チー役にはシム・リウ。さらに、アジアが誇る名優トニー・レオンの出演も決定している。監督には、『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンが主演を務めた『ショート・ターム』や、『ブラックパンサー』のマイケル・B・ジョーダン主演の『黒い司法 0%からの奇跡』を手掛けるなどマーベル作品の俳優陣ともつながりが深く、作品も高い評価を得ているデスティン・ダニエル・クレットンが務める。マーベル・スタジオの新たな時代を築くヒーロー誕生の物語に期待が高まる。