ORICON NEWS


“芸能界速球王”ティモンディ、ロッテ戦で始球式 高岸「応援人冥利に尽きる」

  • LINEで送る

ティモンディ

 お笑いコンビ・ティモンディが、5月15日に千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催される千葉ロッテマリーンズ対埼玉西武戦の『パーソル パ・リーグTV公式YouTubeチャンネル応援団』で始球式を行うことが決まった。23日、千葉ロッテマリーンズが発表した。

【写真】キュートなフォームで始球式を行った森七菜

 高岸宏行が投手を、前田裕太が捕手役を務める。ティモンディは、済美高校野球部の同級生の2人が2015年1月にコンビ結成され、高岸の球速は最速150キロで、高校時代はヤクルト、阪神からスカウトされる選手だったことも有名。

今年4月3日に札幌ドームで開催された北海道日本ハム対千葉ロッテのファーストピッチセレモニーでは芸能界最速の142キロを計測。今でもトレーニングを続け、目標球速は170キロ。前田は高校1、2年生時に野球メーカー主催の体力測定で全国1位を獲得。高校卒業後は駒澤大学から明治大学法科大学院(中退)に進むなどインテリな面をもつ。

 高岸は「熱い応援で有名な千葉ロッテマリーンズさんのファンの方々や選手、球場に来てくださったみなさんを、始球式を通じて応援できることに応援人冥利に尽きるなと、とても感激しています!! 皆さんを少しでも鼓舞できる一投を、魂を込めて投げさせていただきます!! みんなならやればできる!!」と力いっぱいコメント。前田も「芸能界最速の143キロを出してもらうよう頑張ってもらいます!!」と力を込めている。