ORICON NEWS


芦田愛菜、母は「絶対的に私の味方」 手紙で伝えたい思いを明かす

  • LINEで送る

手紙で伝えたい思いを明かした芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.

 女優の芦田愛菜(16)が21日、都内で行われた『日本郵便 2021年度 手紙新コミュニケーション』発表会に出席。“手紙ナビゲーター”に就任した芦田は「手紙を送ることはよくしていて、手紙に親しみを持っているので、就任させていただいて、すごくうれしいです。今の時代だからこそ、手紙を送ることの意味を伝えていけたら」と意気込んだ。

【動画】「恥ずかしい気持ちも…」手紙で母へ感謝の想いを明かした芦田愛菜

 印象に残っている手紙について「もらうとうれしくて、いただいた手紙は全部大事に取ってあります。手紙を書こうと思って、便せんや切手を選んだり、どんなことを書こうかなと思って、時間を割いてくれたのがうれしいです。一人ひとり文字も違うので、そこから近くに感じられるようになって、どれも印象的ですね」とにっこり。

 今回のキャッチフレーズが「誰かを想う日がやってくる。」となっているが「手紙は本当に書いている間はその人のことを考えて、思いが詰まっていて、面と向かっては恥ずかしくて言えないことも書こうかなと思えたり…。書き手の思いが詰まっているものだと思うので、手紙の意味を表現したキャッチフレーズですてきだなと思います」と語った。

 その上で、自身の母への思いを「唯一絶対的に私の味方でいてくれる。母の存在があるからこそ、いろんなことに挑戦できたり、頑張ろうかなと思える。なかなか思いを伝える機会も日頃はないですし、恥ずかしい気持ちもあったりするので、手紙に思いを乗せて届けるのはいいことだなと感じました」としみじみ。母にしたためた手紙の中身について「まずは『いつも早く起きて、私のために弁当を作ってくれてありがとう』と。あとは『いつもとなりで応援してくれてありがとう』とか、前にして言えない言葉も手紙だったら伝えられるかな」と明かしていた。

 発表会にはそのほか、川上未映子、和田明日香も出席。芦田とハマ・オカモトが出演する新CMは、22日より放映される。