ORICON NEWS


高畑充希、菊田一夫演劇賞を受賞 感謝と思い「私達の仕事は最高の仕事」

  • LINEで送る

高畑充希 photo:RYUGO SAITO(C)oricon ME inc.

 女優の高畑充希(29)が20日、自身のインスタグラムを更新。演劇界の優れた業績を表彰する『第四十六回 菊田一夫演劇賞』受賞を受け、感謝の思いとともに「ミュージカルに出たい!と大阪から飛び出した少女だったかつての私が知ったら、飛び上がって喜ぶような。そんなご褒美です」と思いをつづった。

【全身ショット】キュートなウエートレス姿!ミニスカ&スニーカーで登場した高畑充希

 ミュージカル『ウエイトレス』ジェナ役の演技に対して、菊田一夫演劇賞を受賞した高畑は「新しい世界を見せてくれた海外スタッフ、共にこの荒波を進んできた日本スタッフ、キャスト周りの皆さんのおかげです。本当にありがとう」と感謝。

 「私はどこか、誤解を恐れずに言えば、『人のため』に舞台に立ったことが今までありませんでした。自分が舞台が好きで、とか、やりたくて、とか、そんなシンプルな欲求が私のガソリンだったように思います」。

 「でも今回、こんな状況の中で、マスクをしたお客さんで満席の客席と何度も同じ空間を共有して。何というかすごく、求められている感じがしました」とコロナ禍での上演を振り返りつつ「私を、ではなくて、エンタメを、求められている感じがしました」とつづった。

 続けて「人が集まる場所に好んで行きたい人なんて、今は少ないと思うのだけれど、そんな中でも、『エンタメが観たい』という欲求がその不安を上回った方が劇場の座席に座ってくださって、声も出せない中で拍手やスタンディングオベーションで伝えてくれて。いつの間にか、その差し出された求めてくれている器に、こちらのカンパニーのエネルギーをたっぷり注ぐ事が、舞台に立つ1番の目的になっていました」と思いを記した。

 最後は「演劇はカタチがある状態で残りません。私はそこが好き。だからお客さんの記憶に残ったものが全てです。その記憶でちょっとでも心がホクホクして、このなんとも言えない毎日を進んでいくパワーになるなら、私達の仕事は最高の仕事だな、と思います」と伝え「残すところ名古屋5公演。無事上演出来たらいいな!」とコメントしている。

 大賞は、『セールスマンの死』や『女の一生』などの名演技が評価された風間杜夫。演劇賞は、高畑のほか、加藤和樹、海宝直人、咲妃みゆ、高畑充希。特別賞には「屋根の上のヴァイオリン弾き」をはじめとする永年の演劇界への功績に対し、元宝塚トップスターでミュージカル女優・鳳蘭が選ばれた。