ORICON NEWS


速水もこみち×若月佑美、クセの強いキャラ設定を借りたピュアラブストーリー

  • LINEで送る

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』完璧なエリートだけど、人形を愛しすぎてしまう富澤課長役の速水もこみち(右)と30歳までに理想の男性との結婚を夢見る女子社員・まりこ役の若月佑美(左) (C)ORICON NewS inc.

 俳優の速水もこみちが、奴隷願望のあるドM社長役を怪演したドラマ『この男は人生最大の過ちです』(2020年)から1年あまり。ABCテレビの深夜ドラマ『結婚できないにはワケがある。』で、再び、クセが強すぎるイケメン上司を演じる。相手役は、映画・ドラマ・舞台とマルチに活動の幅を広げる若月佑美。本作の見どころを2人に聞いた。

【画像】再現度の高さがよくわかる原作イラストと速水もこみち

 今回、速水が演じる富澤光央は、顔よし、頭脳よし、出世間違いなし、の全女子社員憧れの若きエリート課長。独身で浮いた話もない彼にはある秘密があった。それは、人形を愛しすぎてしまう人形愛好者というハードな趣味! ぬいぐるみの人形「みちゅこ」を溺愛していたのだ。

 そんな富澤課長とひょんなことからお近づきになるのが、同じ会社で働く後藤まりこ(若月)。100日後に迫る30歳の誕生日までに理想の男と結婚することを夢見るまりこにとって、富澤課長はまさに理想の男性だが、ライバルはまさかのぬいぐるみ!?  人形を愛するエリート男×100日後には結婚したい女×ぬいぐるみの人形みちゅこの不思議な三角関係の物語だ。

――『この男は人生最大の過ちです』に続く、クセが強すぎるイケメン上司シリーズ第2弾として、期待が高まっているようです。

【速水】ありがとうございます。元々読んでいた原作なのでお話をいただけて本当にうれしかったです。前回とはまた一味違った“クセ”のある上司。一見完璧で理想的な上司ではありますが、実は人形愛好者という役どころですが、僕自身がコレクター気質で、子どもの頃からずっとアメコミのフィギュアを集めているので、光央に共感できるところはあります。みちゅこと言う人形を肌身離さず、大事に抱える姿に魅力を感じました(笑)。

――お二人は今回が初共演ですね。

【若月】はい。この作品の衣装合わせの時に初めてごあいさつさせていただきましたが、これまで速水さんに抱いていたイメージが180度変わりました。

【速水】どっちからどっちに?

【若月】大声で笑ったりしない静かでクールなイメージがあったのですが、初対面の時からフレンドリーで、みんなが笑っていられるように現場を盛り上げてくださる。いい意味で、ギャップを感じていました。

――速水さんは言わずもがなですが、若月さんも髪を切られて、原作の再現度が高いですね。

【若月】役作りのために切ったわけではなかったのですが、結果、まりこの役作りに生かされたと感じています。髪を切った時には、このドラマに出演することが決まっていたので、原作漫画のまりこと同じ女性らしい丸みのあるショートボブスタイルにしました。人生で初めてのボブです(笑)。

【速水】初めてなの? まりこのイメージにぴったり。似合っていると思います。

【若月】ありがとうございます!

■人形のみちゅこを通して成長していく2人

――再現度といえば、人形のみちゅこですね。

【速水】でしょう(笑)。みちゅこを入れているバックを開けると枕と布団が入っていますので、お見逃しなく(笑)。原作には描かれていないのですが、僕の方から作ってほしいとお願いしました。人形ではありますが、光央にとってはみちゅこはかけがえのない存在ですから。

――ご自身もフィギュアを大切にされている速水さんだからこそ、気付けたアイデアかもしれないですね。若月さんはぬいぐるみとかお好きですか?

【若月】光央さんがみちゅこを抱っこするように、私も小さかった頃、赤ちゃん人形のお世話をしていました。いつの間にか卒業していましたが…。

――自分より小さな存在の人形を大切にしたり、お世話をしたりすることで、思いやりの心が育まれるようです。

【速水】そうなんです! 光央も、まりこも、みちゅこを通して成長していく。そういうとろが、すごく面白いと思います。

【若月】まりこは最初、光央さんの屈折した愛がみちゅこに向けられているだけだと思って、「みちゅこの代わりに私があなたをいやします」とアタックしていくのですが、途中でまりこはあることに気づいて、光央さんと同じくらいみちゅこのことを好きになろう、と思うようになります。光央さんのことを丸ごと愛そうと思う。それはすごく大変なことだと思うのですが、すてきなこと。まりこを演じさせていただいきながら、「愛」とは、結局、尊敬と尊重なんだな、と感じます。

【速水】光央もみちゅこのことだけを見ているわけではなくて、まりこの良いところもちゃんと見ていて、惹かれていく。僕自身、まりこみたいな女性、すごくいいな、と原作を読んだ時から思っていました。だからラブストーリーとしてもすごく斬新。光央もまりこもすごくピュアで、誠実。意見がぶつかってしまっても、次の日、「僕が悪かった」「私が悪かった」と、ちゃんと謝ることができる2人が、すごく素敵だと思います。

【若月】私も2人のことがとても好きです。相手に対して言いすぎてしまったな、やりすぎてしまったな、と自分の言動を反省して、素直に「ごめんなさい」が言えるところが、まりこの素敵なところ。30歳の誕生日まであと100日、となったところで、まだ100日あると考えられるまりこはすごいと思います。

【速水】結婚って自分の人生を左右するものだから、それを自分からつかみにいくまりこの前向きさいいですよね。

――ピュアでキュートな光央、まりこ、みちゅこ、見続けているうちに、どんどん目が離せなくなりそうですね。

【速水】僕たちが撮影をしながら日々感じていること、楽しかったり、ドキドキしたり、切なくなったり、笑ったりが、画面を通して視聴者の方々に伝わったらいいな、と思います。ほかの出演者のキャラも面白いですし、いろいろな意味でいろいろな角度から楽しんでいただけるドラマになると思います!

■番組情報
『結婚できないにはワケがある。』
原作:邑咲奇『結婚できないにはワケがある。』(ソルマーレ編集部「恋するソワレ」連載中)
出演:速水もこみち、若月佑美 古川毅(SUPER★DRAGON) 井頭愛海
山口真帆 吉田志織 秋山ゆずき 鳴海寿莉亜(夢みるアドレセンス)
ダンディ坂野 高田聖子 ほか

■放送情報
ABCテレビ 毎週日曜 後11:55~深0:25
tvk 毎週歌謡 後11:00~11:30
※TELASAにて独占配信(TVer/GYAO!での見逃し配信を除く)