ORICON NEWS


横山裕、子役・川原瑛都と名コンビ誕生の予感 “エイト”つながりに「運命やな、ご縁やな」【コメント全文】

  • LINEで送る

『コタローは1人暮らし』リモート記者会見の模様 (C)テレビ朝日

 人気グループ・関ジャニ∞の横山裕が19日、テレビ朝日系の主演ドラマ『コタローは1人暮らし』(24日スタート、毎週土曜 後11:30)のリモート会見に参加。パートナーとなる子役の川原瑛都と絶妙なコンビネーションを見せた。

【写真】キャバクラ嬢役で出演する山本舞香

 今作は、『ビッグコミックスペリオール』(小学館刊)で連載中、累計部数100万部を突破した津村マミ氏の同名人気コミックを初実写化。横山演じる売れない漫画家・狩野進と、彼と隣の部屋に越してきた訳アリ5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)が織り成すハートフル・コメディーを描く。そのほかのキャストは、山本舞香、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、生瀬勝久ら。

 会見では、横山をはじめ大人キャストみんなが子役・川原にメロメロになっていることを告白。百田から「瑛都くんにプレゼントを渡しに行く前の横山さんとすれ違ったんですけど、ものすごくウキウキしていました」と暴露された横山が、「恥ずかしいなぁ! 実は、前日から『喜んでくれるかなぁ』って、渡しに行くのが楽しみだったんです(笑)」と思わず赤面。また、山本が「ほんとにかわいくて…私も子どもがほしくなりました」と言えば、西畑も「僕の片思いなんですけど、めっちゃ好きです!」と、みんな揃って骨抜き状態に。川原が将来有望な“No.1モテ男”という事実が発覚した。

 一方、生瀬は川原の演技力を絶賛。「これから絶対グングン出てくる俳優ですから、若いうちに芽をつんでおかないと(笑)!」といかつい見た目の役柄風にコメント。さらに山本が「瑛都もたまに関西弁話したりしてるよね!?」と言うと、百田にも「瑛都くんが横山さんに似てきていて、“ミニ横山さん”化しているんです!」と暴露された川原は、「似てきている自覚があります」とニッコリ。仲良し2人を中心に、ほのぼのした毎日を送っている様子が感じられた。

 放送開始を前に、名コンビ誕生の予感がヒシヒシと伝わってくる横山&川原。関ジャニ“∞”と川原“瑛都”、“エイトつながりを指摘された横山は「お恥ずかしい話ですが、やっぱり『運命やな、ご縁やな』と思いました。出会いに感謝ですね」としみじみ。その後、「このドラマは、コタローくんが発する言葉がすっごくリアルで力強いんですよ。その言葉によって周りの大人たちがどんどん成長していく。すごくあったかい時間が流れていて、この時代だからこそ刺さるものがすごく詰まっています」と会見を締めくくった。

 なお、関ジャニ∞がによる主題歌「ひとりにしないよ」の発売日が6月23日に決定したことも発表された。

・横山裕(狩野進役)コメント

――本作が連続ドラマ初主演とのことですが、実際に座長として現場で撮影に臨んでみていかがですか?

 そんなに肩に力を入れず、連ドラ初主演ということについてはあまり考えていないです。僕は瑛都について行こうと決めているので(笑)! みんなで楽しく、いい作品ができればいいな、と思っています。
 座長という意味では、前回ご一緒させてもらった沢村一樹さんはカッコいいなぁと思います。まるで(『ドラゴンボール』の)孫悟空みたいに、周りがついて行きたくなるような方なんです。そういう人に憧れるので、僕もそうなれればいいなぁって思いますね。

――狩野とコタローが隣同士の部屋で、少しずつ信頼関係を築いていくところも、本作の見どころの一つですが、横山さんと瑛都くんは撮影を通して仲良くなれましたか? また、現場で楽しかったエピソードも教えてください。

 瑛都は僕のことを友達やと思っているんですよね。僕はまだ分厚い壁を感じているんですけど(笑)。コタローは原作でも、すごく大人びているんですよ。そのへんが瑛都とも通ずるものがあったんですけど、ちょっとずつその壁も潰せてきているので、純粋に子どもが欲しいなぁと思いましたね。(じーっと甘えるように見つめる川原に対して)そんな目でオレを見るなよ(笑)。かわいいですね! 劇中でもコタローがいることで周りの大人が変化していくんですが、まさに僕ら自身も瑛都から影響を受けています。
 あとこの間、瑛都に本をプレゼントしたんですよ。プロデューサーさんからも本をもらって喜んでいたし、「何が欲しい?」って聞いたら、やっぱり「本が欲しい」と言うので。渡す前日から「喜んでくれるかなぁ?」って、めちゃくちゃ楽しみでしたね(笑)。実際、すごい喜んでくれたんですけど…2日後にはもう違う本を読んでいました。読むのが速いんですよ! それを見たときは、ビックリしました(笑)。
(山本から飛び出した「抱きしめるシーンで瑛都がすっごく照れてた」というエピソードを受けて…)“コタロー”としては全然恥ずかしがってないんですけど、リハーサルやカットがかかった後は“瑛都”じゃないですか。そのときにちょっと照れを出すんですよ。また、そこがかわいかったりするんです。

――実際に同じアパートに住むとしたら、誰の隣がいいですか?

 やっぱり生瀬(勝久)さんですね。共通の知人から「生瀬さんはご飯を食べさせてくれる」って聞いたんですよ(笑)。頼もしいですね! 「絶対に大盛りを食わせる」と聞きました。それくらい気前がいい方に隣に住んでいただけると、ありがたいですし、楽しそうですよね。

――少しお痩せになったかと思いますが、役作りで減量なさったんでしょうか?

 このドラマの撮影に入る前に舞台をやっていたので、そのときに痩せました。今年に入ってからはトータルで8キロくらい痩せて、そのままクランクインしちゃったんです。役作りとしては、狩野は自堕落で無頓着なので、伸びてきた黒髪も金髪に染めず、そのまま伸ばしっぱなしにしています。あと、原作の狩野が僕にめちゃくちゃ似ていると思うんです、ありがたいことに。「あっ、オレやな!」と思いました。

――瑛都くんの名前は関ジャニ∞の「∞」とかぶりますが、そのあたりは意識しましたか?

 お恥ずかしい話ですが、やっぱり「運命やな、ご縁やな」と思いましたね。出会いに感謝というか…ありがたいですね。(グループ名の名付け親である) ジャニーさんに感謝ですね。

――アパートに引っ越して新生活を始めたコタローのように、4月から新しい生活を始めた方も多いと思います。そんな皆さんに激励のメッセージをお願いします。

 コロナ禍で大変なことが多く、ネガティブに物事を考えがちだと思うんですけど、だからこそ家にいる時間をどれだけ楽しめるか、だと思うんです。楽しんだ者勝ちだと思うので、例えば料理をやってみるとか、趣味を見つけて自分なりにポジティブな方向にもっていくのがいいのかな、と。今だからこそできることがたくさんあると思うので、楽しんでいただきたいです。

――5月で40歳になられますが、40歳に向けての目標を教えてください。

 昔見ていた40歳の人は、もっとシッカリしていて、大人だったと思うんですけど、自分はそうではないですね。でも、諸先輩方からよく「40代はすごく楽しい。30代で積み上げてきたものが、40代で開花する」と聞くんです。僕もいろんな経験をしていますし、このドラマで主演をさせていただいて、今後もどんどんいろんなことに挑戦できたらいいな、と思います。

――連続ドラマ初主演ということで、関ジャニ∞のメンバーからは激励の言葉などありましたか?

 同じクールでドラマをやっている丸(=丸山隆平)からは「とりあえずドラマを盛り上げよう。終わったら祝杯をあげましょう」というメッセージが来ましたね。あと、丸が初めて主役を経験したときに、僕がご飯か何かをプレゼントしたんですよ。そのこともあってか、丸が気を使ってくれて、僕が今回主演を務めるにあたって、季節外れの黒のセーターをプレゼントしてくれました(笑)。移動車の中にこそっと、「主役おめでとう。あのときのことがめちゃくちゃうれしかったので、僕もプレゼントさせてもらいました」という手紙付きで、プレゼントを置いてくれていて…ちょっとグッときましたね。

――最後に、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

 このドラマは一見ファンタジーな感じもすると思うんですけど、コタローくんが発する言葉がすっごくリアルで力強いんですよ。その言葉によって周りの大人たちがどんどん成長していく。僕も完成した作品を見たんですけど、すごくあったかい時間が流れていて、いろんな方に見ていただきたいなと思いました。この時代だからこそ刺さるものがすごく詰まっているので、ぜひご覧ください!

・川原瑛都(さとうコタロー 役)コメント

――狩野とコタローが隣同士の部屋で、少しずつ信頼関係を築いていくところも、本作の見どころの一つだと思うのですが、横山さんと瑛都くんは撮影を通して仲良くなれましたか? また、現場で楽しかったエピソードも教えてください。

 横山さんは先輩でもあるし、友だちでもあります。(キャストから横山に似てきたといわれ…)自覚はあります! 関西弁もマネしています。横山さんにつられて、似てきちゃいました(笑)。
横山さんから本をもらったんですが、すぐに読みました。今、流行っている『サバイバルシリーズ』というマンガの本を2冊もらったんですけど、2日ぐらいで全部読んじゃって…すごくうれしかったです!

――実際に同じアパートに住むとしたら、誰の隣がいいですか?

 僕はドラマでは203号室のはじっこ(角部屋)に住んでいるんですけど、真ん中の部屋に住んだとして、両隣は横山さんと生瀬さんがいいです。えっと…横山さんとは今、仲良くなってきたので休日にバーベキューとか楽しいことしに行ったり、一緒に遊んだりしたいです。ドラマの狩野さんはダラダラ過ごしているので、横山さんは忙しいんですけど、時間があるときに一緒に狩野さんみたいにダラダラ過ごしてみたいです。あと、生瀬さんは普段すごく優しいじゃないですか(笑)! 隣にいたら2人で楽しい空気が作れるかなと思いました。あと、お芝居のとき、おなかからすごく声が出ているので、発声練習を教えてもらえたらいいなと思いました。

――アパートに引っ越して新生活を始めたコタローのように、4月から新しい生活を始めた方も多いと思います。そんな皆さんに激励のメッセージをお願いします。

 僕は去年小学1年生になったので、今年1年生になった人に向けてお話ししたいと思います。僕は入学するとき、勉強や20分休みに友だちと一緒に遊んだり、みんなでおいしく給食を食べたりするのをすごく楽しみにしていたんです。今はコロナなのでしゃべりながら給食は食べられないし、不安な人もいるかもしれないんですけど、楽しいことがたくさんあるので、そんなに怖がらずに、楽しく学校に行ってほしいなと思います。