ORICON NEWS


Jr.EXILEがアニメ化 梶裕貴が白濱亜嵐、木村昴が関口メンディー、石川界人が川村壱馬のモチーフ役

  • LINEで送る

(左から)片寄涼太、関口メンディー、川村壱馬、吉野北人、世界、砂田将宏 (C)ORICON NewS inc.

 LDHは18日、都内で次世代総合エンタテインメントプロジェクト『BATTLE OF TOKYO』記者発表会を実施。GENERATIONS(7人)、THE RAMPAGE(16人)、FANTASTICS(8人)、BALLISTIK BOYZ(7人)のJr.EXILE計38人をアバター化し、アニメやゲームなどさまざまなデジタル・バーチャルコンテンツを展開すると発表した。

 リアルとバーチャルを横断・融合した世界初の「Miked Reality Entertainment」として本格始動した同プロジェクト。舞台となるのは架空の未来都市「超東京」。一人ひとりが自ら創造したキャラクターがアバターとなり、MAD JESTERS(GENERATIONS)、ROWDY SHOGUN(THE RAMPAGE)、Astro9(FANTASTICS)、JIGGY BOYS(BALLISTIK BOYZ)と4つのチームとなってバトルを繰り広げていく。

 この日は、アニメーション声優の第1弾も発表。ZERO(≠白濱亜嵐)を梶裕貴、PARTE(≠関口メンディー)を木村昴、LUPUS(≠川村壱馬)を石川界人、LUCAS(≠吉野北人)を堀江瞬、TEKU(≠世界)を武内駿輔が担当することが明らかになった。

 記者発表会には片寄涼太、メンディー、川村、吉野、世界、砂田将宏が登壇。メンディーは「木村昴さんは存じておりまして、すごくうれしい。僕と“タメンディ―”なのですごく親近感があります(笑)。同い年の化学反応が生まれたら」と笑顔。川村も「僕もびっくりして、声も出なかったです…」と喜びを表現した。

 これまで音楽やダンスで「TOKYOポップカルチャー」を創造してきたLDH。最新テクノロジーと日本を代表するスタッフにより、アニメ、ゲーム、ライブ、MV、舞台などあらゆるエンタテインメント体験を発信していく。