ORICON NEWS


櫻井翔&松本潤、JAL潜入取材で新しい安全・安心の形学ぶ「みんなでつくっていくものだよね」

  • LINEで送る

16日配信スタートのJAL・WEB動画『安全・安心の取り組み 櫻井さん、松本さん』篇

 人気グループ・嵐の櫻井翔と松本潤が16日より公式YouTubeで公開されるJAL『安全・安心の取り組み 櫻井さん、松本さん篇』にアンバサダーとして出演。動画ではJALに潜入取材した2人が同社の感染症予防対策など、安全・安心の新しい空の取り組みを学び、これからの新しい旅のスタイルを提案。同社の実施するサービスを実際に体験するといった内容になっている。

【写真】ドラマ『ネメシス』で櫻井翔の天才助手を演じる広瀬すず

 昨年10月公開の動画では格納庫・オフィスを訪れ、機内やバックオフィスでの感染症拡大防止に向けた取り組みを学んだ櫻井。今回は、初訪問となる松本と新たに導入された国内線PCR検査サービスや非接触でチェックイン・手荷物預かりができるサービスをメインに体験。アジアで初めて英国の航空会社評価機関であるSKYTRAXと米国の非営利団体・APEXの両機関から最高水準の評価を獲得した「安全・安心の取り組み」を学ぶことに。

 まず客室オフィス内にやってきた2人はCAから世界最高水準の評価をダブル受賞した話とその取り組みの一つである国内線PCR検査サービスについての説明を受ける。松本は「航空券を予約して申し込めるのは、いいですね」とコメント。櫻井は「渡航先のことを考えると安心感が高まりますもんね」と同意する。

 そして直接手を触れずに操作できるチェックイン機や手荷物預け機の紹介を受け「荷物も預けるのも自動なんですか?」と松本は興味深々。実際に非接触端末を体験し「ほんとだ!接触しないパネルなんて初めてです!」と感動した様子。

 続いて、格納庫に移動し機体に入った2人。整備士から、機内の空気換気の説明を受け、時折うなずきながら真剣な表情で聞き入る。櫻井は「空港から機内まで、安全・安心のために本当に徹底してるんですね」としみじみ。松本は「そこまでしていただけると、 飛行機を利用する側も安心できますね」感心しきり。2人は利用者のマスクの着用や手荷物の最小化など「新しい安全・安心は、みんなでつくっていくものだよね」と自分たちにできる取り組みについても真剣に考え会話していた。