ORICON NEWS


ずん『ずんずん』にタイトルつながり出演 主演・小堺一機に「いつも通り甘えていく方針で」

  • LINEで送る

テレビ朝日系ドラマ『明治ドラマスペシャル ずんずん!』より (C)テレビ朝日

 直木賞作家・山本一力氏の現代小説を小堺一機主演で映像化し、16日に放送するテレビ朝日系ドラマ『明治ドラマスペシャル ずんずん!』(後11:15~深0:15)に“名前つながり”で、お笑いコンビ・ずん(やす、飯尾和樹)が出演する。小堺の事務所の後輩で、タイトルとも深い“縁”を感じさせる、ずんがそれぞれ撮影エピソードを披露した。

【写真】飯尾和樹とウド鈴木がカメオ出演

 同ドラマは、ひとりの牛乳配達員が起こしたささやかな“奇跡”を描き出す感動の物語。主人公は、60歳を超えた牛乳配達員・田代龍平。ある朝、担当エリア宅配中の田代は“小さな異変”に気づく。その家には、田代と同年代の女性がひとりで暮らしており、いつもきれいに洗った空き瓶を玄関先に戻しておいてくれるのだが、その日はそれが置かれていなかったのだ。「もしや倒れているのでは…」。彼女の身を案じた田代は店長や同僚たちをも巻き込んで、“ずんずん!”と力強い足取りで救出を試みて――。

 そんな人情派の“タツさん”こと田代を演じた小堺は「タツさんは、困っている相手を放っておけなくなっちゃう人。昔はタツさんみたいな人、いっぱいいたんですよね。僕の子どものころは、近所の人のことはみんな知っていたり、そんなつながりがあったんです。でも今の時代らしく脚本もとてもリアルで、“そういう人情ごっこはやめてください”みたいなことをタツさんが言われる場面もあって、バランスが取れていると思います。決して全員に賛同してもらえるわけではないと思いますが、どこかで“こういう人、いいな”と思ってもらえたら…」と語った。

 そして「今は“密”になったらいけない時代ですが、心のつながりがとても密なドラマです!」とアピールした。小堺がドラマで主演するのは、約16年ぶり。今回、久しぶりに“座長”を務めたが、「関根勤さんともよく話すのですが、僕、中身が25、26歳で止まっているんですよ(笑)。芸能界に入ったとき、まわりがみんな年上だったころの感覚が今も根底に残っているんです」と笑いながら明かし「“座長”を意識するというよりは、田村正和さんや平泉成さんのモノマネでせりふを言ってみたりして、みんな、それで多少和んでくれたかな、とか…。そんなことはちょこちょこしていました」と細かな気遣いをしたそう。

 また、やすは小堺演じる田代と同じ店のベテラン配達員・富岡大作役で登場する。「事務所の先輩で、大好きで尊敬している小堺さんとドラマの現場でご一緒できるなんてありがたい!という気持ちでした。監督さんに『とにかく元気で昔かたぎな人です』とアドバイスいただきまして、とにかく元気にやりました」と熱演したという。一方の飯尾は同じ事務所の芸人・ウド鈴木とともにワンシーンのみのカメオ出演。『ずんずん!』というタイトルを聞いたときの心境について「正直、『ついに自分たちにも主演のドラマが来るようになったか!』とぬか喜びしました」と笑わせつつ「撮影前、ウドくんといろいろ話しましたが、“いざとなったら、小堺さんが何とかしてくれるよ”と、いつもどおり小堺さんに甘えていく方針で決まりました」と裏話をぶっちゃけていた。

■ずんコメント
・やす
――オファーを受けたときのお気持ちを教えてください。
【やす】事務所の先輩で、大好きで尊敬している小堺さんとドラマの現場でご一緒できるなんてありがたい!という気持ちでした。なるべくご迷惑はかけまいと思っておりましたが、一度アドリブでせりふを足しすぎたときに小堺さんの顔を一瞬くもらせてしまい、撮影のあとにそのことをふと思い出す度に身が引き締まっておる次第です。

――ベテラン配達員・富岡大作を演じる上で気をつけたことは?
【やす】監督さんに「とにかく元気で昔かたぎな人です」とアドバイスいただきまして、とにかく元気にやりました。元気を出しすぎて空回りしている可能性が大なんで、そこはご愛嬌でよろしくお願いいたします。

――撮影はいかがでしたか?
【やす】小堺さんが終始、現場を楽しい空気にしてくださって、おかげで撮影しているのか、おしゃべりしているのかわからなくなるくらい自然とできました。小堺さんの演技に対する姿勢から、このドラマに対する思いが伝わりました。

――作品にちなんで“牛乳”や“宅配”にまつわる忘れられないエピソードを教えてください。
【やす】牛乳、大好きです。ロケ先の牧場で飲ませていただく牛乳とか最高です。牛さんに感謝しながらお辞儀をしながら飲んでます。あと、時々スーパー銭湯に行きますが、お風呂上がりのコーヒー牛乳、瓶で飲むんですよね。自然と腰に手を当てている自分に気づきますね。日常の要所要所で楽しませてくれる存在。それが牛乳です。

・飯尾和樹
――どんな役柄でカメオ出演されたのでしょうか?
【飯尾】小堺さん演じるタツさんの職場に“助っ人”に来た人物を演じました。撮影前、ウド鈴木くんといろいろ話しましたが、「いざとなったら、小堺さんと飛永くん(ラバーガール・飛永翼/配達員・山口伸介役)が何とかしてくれるよ」と、いつも通り小堺さんに甘えていく方針で決まりました。

――撮影はいかがでしたか?
【飯尾】ウドくんが毎回、不自然なカメラ目線になってしまいました(笑)。

――『ずんずん!』というタイトルを聞いたときはどのように思われましたか?
【飯尾】正直、“ついに自分たちにも 主演のドラマがくるようになったか!”と、ぬか喜びしました。

――作品にちなんで“牛乳”や“宅配”にまつわる忘れられないエピソードを教えてください。
【飯尾】牛乳は好きです。夜、寝ぼけて牛乳を飲もうとしたら間違えて、同じ形のパックの麺つゆを飲んでしまいました。ビックリして、まぁまあデカい声を出してしまいました(笑)。