ORICON NEWS


田中泯、“同い年”吉永小百合の父親役に驚きと不安「必死の思いでした」

  • LINEで送る

吉永小百合の父親役に驚いたことを明かした田中泯 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の田中泯(76)が14日、都内で行われた映画『いのちの停車場』(5月21日公開)完成披露試写会に登壇した。

【集合ショット】吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずが豪華キャスト陣が登場!

 本作で、主演の吉永小百合(76)の父親役を演じている田中は「吉永小百合さんというスターのお父さん役で、本当に驚きました。同い年なのに(笑)」とオファーが届いたときを振り返る。

 続けて「ちょっと不安になって『大丈夫ですかね?』と確認しながらやりました。本当に大丈夫だったかは、映画をご覧になられたみなさんが決めてください(笑)」とし、「必死の思いでした。記憶に残り続ける映画になると思います。吉永さん(の演技)がお父さんにしていってくれたんだろうと感謝しています」と吉永の佇まいに感謝した。

 成島出監督は「役作りで5キロ以上痩せていただいて…。その気迫がスクリーンに映っていると思います。命を削ってでも役を作ってくれたことに感謝しかありません」と田中の俳優魂を絶賛した。

 この日は、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、西田敏行も登壇した。

 原作は、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師・南杏子氏の小説。今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点、尊厳死・安楽死などに向き合い、これらに携わる医師、患者、家族が織りなすヒューマンドラマが描かれる。救命救急医として勤務し、とある事情で実家に戻り、在宅医療を通して患者と向き合う白石咲和子を吉永、咲和子を追いかけてきた医大卒業生の野呂聖二を松坂、訪問看護師の星野麻世を広瀬が演じている。