ORICON NEWS


急性心筋炎で休養中の志尊淳、退院を報告 発覚までの経緯説明「今は生きていられることが幸せ」

  • LINEで送る

志尊淳

 急性心筋炎で休養している俳優の志尊淳(26)が13日、自身のツイッターを更新し、退院を報告した。

【写真】水に濡れ色気たっぷり…肉体美を披露した志尊淳

 志尊は「この度は多大なるご心配、ご迷惑をおかけいたしました。先日、ひとまず退院することができました」とし、「今は元の生活に戻れるように、ゆっくりリハビリをしています」と伝えた。

 「今回自分が患った『急性心筋炎・心膜炎』という病気。普通の風邪の症状かなと思っていたら次第に呼吸するのが苦しくなり、胸が痛くなり、病院に行った時には心不全を起こしていました」と経緯を説明。「そこから色々な検査をしながら、数日間ICUで病状が悪化しないよう戦っておりましたがさまざまな処置のおかげで悪化を免れることができました。病院に行くのがもう少し遅かったら、我慢していたらと考えると今でも背筋が凍る思いです」と心境をつづった。

 「病院で辛い時、何度も心が折れそうになりましたが、家族、仲間、友達そして応援してくれている皆さんのメッセージや優しさに助けられました」とし、「今回の件によって様々なことを急遽調整、配慮してくださった仕事関係者の皆さま、事務所の皆さまにも、大変大きなご迷惑をかけ、ご尽力を頂いたことに御礼を申し上げます」と感謝。「そして大変な状況の中で親身になって支えて下さり、治療、看護してくださった医療従事者の皆さまにも心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました」と記した。

 「まだまだ油断できない日々が続きますがゆっくりゆっくり自分の体と向き合いながら一歩ずつ歩んでいきます。今はとにかく生きていられることが幸せです。皆さんと会える日を楽しみにしています」とした。

 志尊は3月26日、急性心筋炎と診断され、入院のため3週間ほど休養すると発表。所属事務所によると、志尊は同23日に体調不良を訴え、かかりつけの医療機関を受診したところ急性心筋炎と診断された。容体は安定しており、3週間程度の入院治療を行うとしていた。