ORICON NEWS


「赤いたぬき」と「緑のきつね」初の”入れ替わり”が話題、中には戸惑いの声も「間違えずに買える気がしない(笑)」

  • LINEで送る

『赤緑合戦』和解記念 「緑のきつね」

 東洋水産は、「赤いたぬき天うどん」と「緑のきつねそば」を12日から全国にて期間限定で発売した。通常の「赤いきつね」と「緑のたぬき」から、お揚げと天ぷらが入れ替わっている。

【写真】入れ替わった「たぬき」と「きつね」の商品画像「一瞬脳が混乱した」

 2018年から始まった『赤緑決戦』では、2年連続「赤いきつね」が勝利を飾り、マニフェストに掲げていた「赤いたぬき天うどん」や「もっと赤いたぬき天うどん」を発売してきた。

 3年目を迎えた最終決戦では、「赤いきつね」が8,884票で得票率49.5%、「緑のたぬき」は9,065票で得票率50.5%と181票、得票率1ポイントという僅差で「緑のたぬき」が初勝利。

 今回はお互いの健闘を称え合い、和解という形で終止符を打つ。その和解を記念して、両者の具材である「天ぷら」と「お揚げ」を入れ替えたコラボ商品の販売が決定。「緑のきつね(お揚げの入ったそば)」は今回が初めての販売となる。SNSでは「一瞬脳が混乱した」「間違えずに買える気がしない(笑)」など、戸惑う声も寄せられていた。

 また、商品発売に合わせて、「赤いたぬき・緑のきつね発売記念『赤緑間違い探し』」キャンペーンを21日まで開催。公式Twitterにて出題されている。