2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


3時のヒロイン・かなで『危険なビーナス』Paraviオリジナルストーリーに出演

  • LINEで送る

Paraviオリジナルストーリー『安全なビーナス』に出演する3時のヒロインのかなで(C)東野圭吾/講談社 (C)共同テレビ/TBS

 お笑いトリオ・3時のヒロインのかなでが、15日放送のTBS日曜劇場『危険なビーナス』(毎週日曜 後9:00)終了後配信されるParaviオリジナルストーリー『安全なビーナス』第4話に出演することが、わかった。本編には同じく3時のヒロイン・福田麻貴が出演中だが、かなでは今作のオリジナルキャストとして元AKB48の永尾まりや、女優の梶原ひかりとともに、隠れ家バー『Venus』を訪れるお客さん役を演じる。

【場面カット】永尾まりや、梶原ひかりも出演

 本編の舞台・矢神家から少し離れた『Venus』を舞台に『危険なビーナス』に登場する矢神家の執事・君津光(結木滉星)や、伯朗の助手・蔭山元美(中村アン)、明人の従妹・支倉百合華(堀田真由)、矢神家当主の専属看護師・永峰杏梨(福田)ら悩めるモノたちが美しきバーテンダー・シェリー(蒼井翔太)の癒しの美酒を求めてやってきて、本編では語られなかった物語の裏側を暴露していく物語。

 今夜店にやってきたのは、主人公・伯朗(妻夫木聡)が務める池田動物病院で知り合った愛犬仲間の愛子(永尾)、理子(梶原)、花子(かなで)の3人組。女子会の2軒目で『Venus』を訪れる。愛犬の話で盛り上がっていたのかと思いきや、実は愛子は伯朗に、理子は自身が働く店のオーナー・矢神勇磨(ディーン・フジオカ)に、花子は声優の加々美星夜にそれぞれ恋をしていて、どうやら恋路に悩める様子。暗い表情の彼女たちを、シェリーは「笑顔が笑顔を呼ぶ」と諌め、特製パエリアで元気づけるのだった。

 トリオではボケを担当するかなでは、昨年12月に『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ)で優勝し、一気にブレイク。彼女たちは今年は上半期だけで146本もの番組に出演。昨年と比べて出演番組数が一気に増加し『2020上半期ブレイクタレントランキング』で見事1位に輝くなど、今まさに乗りに乗っている。かなでは大学で演劇を専攻し、卒業後は女優として活動していた過去を持つ。福田との共演は叶わなかったが、かなでが過去の経験から培ってきた演技力にも注目だ。