2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


なにわ男子、配信コンテンツもスタート 初回は弘中アナから“かわいい”を学ぶ!?

  • LINEで送る

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で、『なにわ男子、一流への道』と題したオリジナルコンテンツもスタート。初回のゲストは弘中綾香アナウンサー(C)テレビ朝日

 関西ジャニーズJr.の7人組グループ・なにわ男子の全国ネット初冠バラエティー『なにわ男子と一流姉さん』が10月31日、テレビ朝日系でスタート。その放送終了後から動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『なにわ男子、一流への道』と題したオリジナルコンテンツの配信も開始された。

【写真】地上波番組の2人目の“一流姉さん”は渡辺直美

 『なにわ男子と一流姉さん』は、なにわ男子の西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也の7人がさまざまな業界の“一流姉さん”たちから「一流とはなんたるか」の極意を学び、“一流アイドル”“一流の男”に少しでも近づいていく、10月期1クール限定のバラエティー。

 一方、『なにわ男子、一流への道』では、西畑、大西、道枝、高橋、長尾、藤原、大橋がさらに一流のアイドルになるべく、さまざまな企画に挑戦。さまざまなテーマに沿って“一流”を目指すロケを敢行するほか、地上波『なにわ男子と一流姉さん』の未公開シーンなども配信する。

 『~一流への道』の最初のテーマは「かわいい男子への道」。メンバーの7人がテレビ朝日の新入社員に扮し、「先輩社員からかわいがられる後輩社員」というシチュエーションを実践。彼らの相手役を務めるのは、同局の弘中綾香アナウンサー。唯一無二のキャラクターを武器に数々の番組で活躍する弘中アナと一緒に、なにわ男子が“かわいい”とはどんなものなのかを学ぶ。

 今回メンバーたちが挑んだのは、「1人社員食堂でご飯を食べる弘中アナの隣に“かわいく”座り、2人で食事に行く約束を“かわいく”取り付ける」というものと、「給湯室でため息をついて落ち込んでいる弘中アナに“かわいく”声をかけ、励ます」の2つ。「社食編」には西畑、長尾、大橋が、「給湯室編」には大西、道枝、高橋、藤原が挑戦した。

 事前にそれぞれ準備をしてきたとはいえ、自分の順番が回ってくるまでは緊張気味にソワソワするメンバーたち。彼らが自信を持って臨んだ“かわいいシチュエーション”を弘中アナにジャッジされ、最終的に「一流かわいい」と「七流かわいい」にランク付けする。

 登場早々に、「“かわいい”と“生意気”は違いますからね」と牽制していた弘中アナ。なにわ男子の7人は弘中アナの教え通り、かわいい新入社員を演じることはできたのか?

■TELASA配信ページ
https://www.videopass.jp/series/11060