2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


【東京国際映画祭】北村匠海、ボクサー役で過酷な役作り「ギリギリの中で戦っていました」

  • LINEで送る

北村匠海 (C)ORICON NewS inc.

 『第33回東京国際映画祭』(TIFF)が10月31日に開幕し、東京国際フォーラムでオープニングセレモニーが開催。オープニング作品に選ばれた映画『アンダードッグ』からは、主演の森山未來(オンライン参加)、北村匠海、瀧内公美、武正晴監督らが出席した。

【動画】涙の舞台あいさつから一夜…作品への思いを語る北村匠海

 映画のタイトルにもなっている“アンダードッグ”は、ボクシング界では「かませ犬」を意味する言葉で、踏み台にされながらも這い上がろうとする末永晃を森山。また、児童養護施設で育った大村龍太を北村、テレビ番組の企画でボクシングに挑戦する宮木瞬を勝地涼が演じる。

 ボクサー役を熱演した北村だが「格闘技をやったことは人生で一度もなく、見るのは好きでした」という。それでも今作のオファー受け「リングに上がる機会を逃すまいと食らいついていきました」と笑顔で話した。

 役作りのため、過酷なトレーニングにも励んだ。「最初は筋トレで体を作ろうと思っていたのですが、とにかくボクシングで(体重を)落とそうと。選手のビデオなどを見てインスピレーションを受けながら、理想の体に近づけた」と語りながら「試合のシーン前日には、本当のボクサーの方の食生活と、体を追い込むトレーニングをやり、ギリギリの中で戦っていました」と明かしていた。