2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


ケツメイシ、アニメ『クレヨンしんちゃん』本編でしんのすけと初共演

  • LINEで送る

アニメ『クレヨンしんちゃん』11月7日放送回でRYO(右)、大蔵(左)が声の出演 (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

 テレビ朝日系で放送中のアニメ『クレヨンしんちゃん』(毎週土曜 後4:30~5:00)。10月からの新主題歌「スーパースター」を歌うケツメイシの大蔵、RYOが11月7日の放送回に声の出演をすることが発表された。「ぶりぶり~」とお尻をふる“ケツだけ星人”が得意なしんのすけと、ケツメイシの“おケツコラボ”がアニメ本編でも実現する。

【画像】ショートアニメに本人役で登場

 2016年に公開された『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』の主題歌「友よ~この先もずっと…」に続き、約4年ぶりに「スーパースター」でアニメの主題歌を担当したケツメイシ。「スーパースター」は軽快なメロディーで、誰にでも誇れるところがあり、自分が輝ける場所があるということを伝えてくれるポップなナンバーだ。

 大蔵は「SNSで『クレヨンしんちゃん』の世界に合っているとの意見を見かけたことがあります。受け入れてもらって安心しました」、RYOは「サラリーマン時代の友だちから久しぶりにメールが来たんですよ。みんな観ているんですね。しんちゃんの影響力を感じました」と、反響にホッとした様子。

 さらに、大蔵とRYOが、ショートアニメに「オラたちケツメイシ(ン)だゾ」に本人役として登場。アニメ本編への出演オファーを受け、「素直にうれしかったです。光栄な話なので出演させていただきました」(大蔵)、「アニメという動く形で『クレヨンしんちゃん』に参加できたことがうれしいです。音楽同様、アニメもずっと残ってくれると思うので」(RYO)と喜んでいた。

 収録は打ち合わせからスタート。アフレコ初挑戦な上に、『クレヨンしんちゃん』ならではの「~だゾ」という語尾で書かれたせりふに、大蔵が「普段は使わないですね(笑)。自然に言えるかな」と言うと、すかさずRYOが、「“俺たち”も言わないです。いつも“私ども”って言っています(笑)」と告げ、監督と笑い合うなど、持ち前のユーモアでスタジオは和気あいあいとした雰囲気に包まれた。

 アフレコにはしんのすけ役の小林由美子も参加。小林は大蔵とRYOを前に、「うれしいです!」と感激の面持ち。一方で大蔵は「のどがカラカラです」と早くも緊張気味。そしていよいよ収録開始。監督からは「言いやすいようにアレンジしていただいて構いません」と言われていたケツメイシの2人だが、アフレコスタジオに入ると、なんと「~だゾ」という“しんちゃん語”とも言うべきせりふをノリノリで披露。これには小林も「ケツメイシさんがしんちゃん語を言ってくれた!」と大喜び。大蔵はさらに、しんのすけと同じ口調でせりふを言う場面も。小林にしんのすけ風に話すコツを習ったところ、驚くほどしんのすけにソックリに。一気にスタジオのテンションが上がった。

 どんどんコツをつかんでいく大蔵とRYOは、声の張りも増し、2人で同時にせりふを言う場面でもタイミングぴったり。小林は「素晴らしいです!」と絶賛し、監督を始め、スタッフも「さすがミュージシャン」と思わず感嘆していた。

 アフレコ終盤には大蔵、RYOとも緊張が解け、小林と楽しい掛け合いを繰り広げ、3人のやりとりにスタッフも大爆笑。アフレコを終えた大蔵も「なんだか面白いですね(笑)」とコメントし、監督も今回の出来に大満足の様子。

 大蔵は「普通にしゃべっていても、画の明るさやパワーに負けてしまうことはわかったので、100%でなく、120%のテンションで話すよう心掛けました」。RYOは「わずかなシーンでもだいぶ時間がかかるものだと実感しました。これからは声優さんへの尊敬の目線でアニメを拝見します」と話していた。