2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


新田真剣佑、北村匠海初の単独主演映画に“リアル友情出演”

  • LINEで送る

伊藤健太郎、北村匠海、新田真剣佑の3ショット写真

 俳優の新田真剣佑が、北村匠海主演の映画『とんかつDJアゲ太郎』(30日公開)に“リアル”友情出演していることが29日、発表された。

【場面写真】グラスを片手にスーツを着こなす新田真剣佑

 物語の舞台は渋谷にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。アゲ太郎(北村)は三代目の跡取り息子だが、父・揚作(あげさく)のもと、キャベツの千切りの毎日。ある日、弁当の配達で渋谷のクラブに行くと、音楽にあわせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を体感。さらに、そこで出会った女性・苑子(山本舞香)に一目ぼれ。お調子者のアゲ太郎は“とんかつ”も“フロア”もアゲられる男「とんかつDJアゲ太郎」を目指すことになっていく。

 北村と新田は『OVER DRIVE』(2018年)、『十二人の死にたい子どもたち』(19年)、『サヨナラまでの30分』(20年)と毎年映画で共演。本作で北村が初の映画単独主演を果たしたことから、花を添えるべく新田の出演が実現した。

 新田が登場するのは、アゲ太郎とライバル・屋敷(伊藤健太郎)が出会うクラブ。グラスを片手にスーツを着こなす場面写真も解禁され、出演時間は短いものの、クラブのVIPルームに訪れる客役で存在感を放っている。また、ドラマ『仰げば尊し』(16年)以来、4年ぶりとなる北村、伊藤と3人がそろった写真も公開になった。