2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


山下美月『突破ファイル』で患者思いの熱血医師 高田夏帆は“謎の声”に苦しむ

  • LINEで送る

29日放送のバラエティー『THE突破ファイル 人体ミステリー&突破交番 日常に潜むピンチから大救出SP』(C)日本テレビ

 人気アイドルグループ・乃木坂46の山下美月が、29日放送の日本テレビ系バラエティー『THE突破ファイル 人体ミステリー&突破交番 日常に潜むピンチから大救出SP』(後7:00)に出演。再現ドラマ「人体ミステリー:突然語りかけてくる謎の声の正体を追え!」で女医役に挑戦する。

【写真】緑の衣装を着て満面の笑み!キュートな山下美月

 ある日突然、どこからともなく誰かの声が聞こえてくるようになったOLの今井夏帆(高田夏帆)。「突破心療病院」の山下先生(山下)が原因究明に乗り出すが、夏帆が聞こえる謎の声は日に日に悪化するばかり。そこで、夏帆と1日行動をともにすれば手掛かりがつかめるかもしれないと考えた山下先生は、夏帆を誘い、看護師のかなで(3時のヒロイン・かなで)と3人でドライブに出かける。ドライブ中にも、謎の声が夏帆を襲い始め、急いで駐車場に車を停め、考えをめぐらせる山下先生。あることに気付き、ついに謎の声の原因を突き止めるのだった。

 「人体ミステリー」シリーズで、たびたび女医を演じて好評を博している山下が、今回は心療内科医役に挑戦。患者思いの熱血医師をさわやかに演じる。さらに看護師役のかなでとの楽しいやりとりも注目だ。これまで再現ドラマでさまざまな役柄を演じてきた“突破女優”の高田が、今回は“原因不明の謎の声に苦しむ女性”という難役に体当たりで挑む。およそ半年ぶりに『突破ファイル』に出演した高田がコメントを寄せた。

――およそ半年ぶりに『THE突破ファイル』に出演された感想をお聞かせください。
半年も経ったなんて思えないくらい、いつも周りから『突破ファイル』見たよと言われているので、“突破女優”として再び君臨できたのがうれしかったです!(笑)

――謎の声に悩まされる女性・今井夏帆を演じるにあたって、役作りで工夫した点はありますか?
謎の声は、聞こえているだけではなく、何か見えないものが見えているのかもしれない。誰にも見えない得体の知れないものが、自分にだけは見えている…夏帆がおびえる場面では、そんな滑稽な様子すらも恐怖に感じてもらえるように、不気味なお芝居をしようと頑張りました。

――最も大変だったシーンは?
家の中での撮影は、実際のスタッフさんの家をお借りしたので、近所迷惑にならない程度の音量でなければいけないと思い、声の調節が難しかったです。また、涙のシーンは、『突破ファイル』の場合、毎回違う角度から何度も何度も撮るので、今回もひと苦労でした…。

――今回、女医役の山下美月さん、看護師役のかなでさんとドライブに出掛けるシーンも見どころのひとつとなりそうですね。
ドライブのシーンの撮影日、最初に撮ったのが、私が車内で謎の声のピークに達して叫ぶシーンだったんですよ。朝イチの謎の声のクライマックスは、かなりしんどかったです(笑)。また、この日は途中で雨が降ってきてしまって、大事な謎解きのシーンを車の中で撮影することになって。一番かっこよくなければならないシーンが、まさかの車内で、地味になってしまって参ったな~、とみんなで話していました。

――そのほか、撮影中の裏話があったら教えてください。
印象に残っているのは、休憩時間、かなでさんがナース姿のまま、うたた寝していたこと(笑)。こっちは謎の声が聞こえる場面で、酸欠になるくらいハァハァしているのに!…気持ちよさそうで、うらやましかったです(笑)。

――今後、“突破ドラマ”で演じてみたいシチュエーションや、挑戦してみたい役柄は?
私はどちらかというと、泣いてばかりの役や、誰かに救ってもらう役が多いんです。見せ場もやりがいもあって、とてもありがたいのですが、『突破交番』のようにコメディ要素もあるドラマで、四千頭身の後藤(拓実)さんが演じられているような、クスッと笑わせるハートフルな役も、一度やってみたいですね。