2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


窪田正孝、ゴミ人間役は手探りで苦労 スタッフも悩んだ末に“なまり声”で完成

  • LINEで送る

ゴミ人間役は手探りで苦労したことを明かした窪田正孝 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の窪田正孝、女優の芦田愛菜、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が26日、都内で行われたアニメ『映画 えんとつ町のプペル』(12月25日公開)ハロウィンスペシャルイベントに登場した。

【動画】“夢を信じること”の大切さを語る芦田愛菜

 同作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る物語。大ヒットした絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語” を映画で描き、ゴミから生まれたゴミ人間のプペル役に窪田、星を信じ続ける少年・ルビッチ役に芦田、西野が製作総指揮・脚本を務める。

 ゴミ人間役を務めた窪田は「みなさんお集まりいただきましてありがとうございます。えー、ゴミです」と笑いながらあいさつし、役作りについては「最初に収録する前、短い時間でしたが西野さんとお話させていただきました。西野さんも『プペルという人間がどういう声を発するのか、楽しみです。やりながら探って行きましょう!』と優しく言ってくださいました」と手探り状態でスタートしたと告白。

 声の出し方や役作りは苦労したそうで「第一声で作ったのは、ちょっと“おじいちゃん”ぽくなってしまったみたいで、そこを指摘してもらいながら段々と的を絞っていてできた感じでした」と伝えた。

 最終的には少し“なまり”のある声になったが、西野は「(制作側の)こちらから指定はなかった。『なまらせてください』という指定はなくて、僕らも(プペルの声の理想が)わかっていなくて、ゴミ人間の声の相場がわからないじゃないですか。誰もわからなくて、探るしかないなというところで…」と声のイメージはスタッフ間で悩んだと説明。

 続けて「収録日は2日間押さえていて、初日は声を探るくらいで終わってしまうくらい、『ゴミ人間の声、難易度高すぎるよね』というところがあってスタートした。そこから窪田さんにやってもらって、最初に“おじいちゃん”みたいな喋り方がありましたが、『別パターンいただけますか?』と言った2つ目には今の原型ができていた。(スタッフの間では)『もう、それしかないよね』となり、すごいなと思いました。イメージにぴったりで、スタッフ一同『もう、これだ!』となっちゃって、それ以外の声は考えられないようになってしまいました」と窪田の役作りの修正力を絶賛した。