2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


窪田正孝、芦田愛菜と“夫婦漫才”に照れ 息ぴったりな収録で声「シンクロした」

  • LINEで送る

芦田愛菜(左)との“夫婦漫才”のような収録を振り返り照れた窪田正孝(右) (C)ORICON NewS inc.

 俳優の窪田正孝、女優の芦田愛菜、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が26日、都内で行われたアニメ『映画 えんとつ町のプペル』(12月25日公開)ハロウィンスペシャルイベントに登場した。

【動画】芦田愛菜と2人きり…収録時のエピソードを明かす窪田正孝

 同作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る物語。大ヒットした絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語” を映画で描き、ゴミから生まれたゴミ人間のプペル役に窪田、星を信じ続ける少年・ルビッチ役に芦田、西野が製作総指揮・脚本を務める。

 劇中では2人の掛け合いが多く、収録を振り返った西野は「ルビッチとプペルが仲良くなるきかっかけがどこかに必要だった。共同作業をしなくてはいけないシーンがあって、そこの2人の掛け合いが最高でした。夫婦漫才を見ているようで、本当に最高でした!」と絶賛した。

 窪田も芦田との掛け合いシーンが印象的だったそうで「(2人のキャラがトロッコに乗るシーンは)勢いが大事! パッションが大事! やってみよう!みたいな乗りでやりました」と明かした。

 司会者から「夫婦漫才みたいな、息ぴったりな感じで収録ができましたか?」と問われると、「そうですね~」と照れながら「(芦田と)シンクロしたのか、ちょいちょい愛菜ちゃんと声が一緒に発声したこともあって。あの時、僕はすごい『いいな~』と、好きでした。楽しかったです!」と“夫婦漫才”のような収録だったと振り返った。