2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


鈴木浩介&鈴木亜美『極主夫道』PTA会長夫妻役でゲスト主演

  • LINEで送る

『極主夫道』第3話ゲストの鈴木浩介と鈴木亜美 (C)日本テレビ

 俳優の鈴木浩介と鈴木亜美が、25日放送の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)第3話にゲスト出演。2人は主人公の龍(玉木宏)が“入門”する小学校のPTA会長夫妻を演じる。

【場面ショット】極道ルックなのに…エプロン姿でコロッケを作る玉木宏&志尊淳

 今作は『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で第2位、累計200万部突破のおおのこうすけ氏による人気漫画『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)を実写化。コワモテだけど、愛情深くて実はかわいらしい元最強の極道“不死身の龍”(玉木)が、専業主夫の大変さや楽しさを知りながら、トラブルや悩みを爽快に解決する仁義なきヒューマン任侠コメディー。

 第3話では龍がテレビを見ていると、向日葵(白鳥玉季)の学校でPTA会長を務める千金楽(鈴木)が“理想の父親”として出演。自分も理想の父親になりたいと考えた龍はPTAの会議に乗り込み、PTAに入りたいと千金楽に直談判する。会議では、近々開かれるハロウィンのお楽しみ会について話し合われており、龍はお楽しみ会に協力すると宣言。しかし龍は、ハロウィンがどういうものなのか、まったく分からない。

 龍は元舎弟・雅(志尊淳)に助けを求めるものの、雅もハロウィンに詳しくなかった。そこで、ゆかり(玉城ティナ)に教えてもらうことになり…。龍とPTAとのドタバタ抗争劇が開幕する。