2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


矢部浩之『やべっちFC』終了で「おセンチに…」 妻の言葉に勘違い「感動したんやけど…」

  • LINEで送る

ナインティナイン・矢部浩之 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビのナインティナインが、1日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に出演。矢部浩之は、自身が出演するテレビ朝日系『やべっちFC』(日曜 後11:55~深0:25)が先月27日、最終回を迎え、2002年4月のスタートから18年半の歴史に幕を閉じたことを受け、現在の心境を語った。

【写真】矢部浩之&青木裕子夫妻 長男・稜くんとの微笑ましい親子ショット

 この日の放送で、矢部は「『やべっちFC』が終了しまして…。たくさん感謝の気持ちは伝えさせてもらったんですけど、放送終わってからも、いろいろメッセージいただいて。知らない方は伝えようがないので、この場をお借りしてありがとうございました」と感謝。「SNSを見ていてグッときたのは、ブラインドサッカーの選手も『いつか出たかったんです』とか言ってくれて、『スーパーサッカー』とかもメッセージいただいて、ありがとうございます」と思いを伝えた。

 最終回当日について「18年半で、当日、日曜日の生放送だったんで。日曜は家族全員いてて、その日は珍しく、おセンチに、終わりかとか考えて、なんやろう…ちょっと出かけるのもなって。子どもと『ご飯、お昼行くけど?』って誘われたんですけど、きょうはええわって」と回顧。「それを感じ取ったのか(妻の)裕子さんがね『夜お客さんが来るのって。最終回でしょう、時間がちょうど一緒になったらね』って。そんなこと考えてくれてんねやって、感動したんやけど、『半沢直樹』のことやった」とオチをつけて笑わせていた。

 レギュラー陣勢ぞろいで迎えた『やべっちFC』最終回。。Jリーグの村井満チェアマンから花束を贈られた矢部は「本当にスタッフの力と解説者の皆さんの力、アナウンサーの方にも助けてもらいました。サポーターの皆さんも18年半、ありがとうございました。『やべっちFC』としての誇り、魂は皆さんの記憶の中に置いてきました」とあいさつ。「サッカーで教えられたことは、攻守の切り替えが大事だと。次に進んでいきたいと思います。これからもサッカーに携わっていきたい」と前を向き、「また、どこかで!」とダブルピースで番組を締めた。

 TBSのサッカー番組『スーパーサッカー』(毎週日曜 深0:50)の公式ツイッターは、最終回の翌日に「【サッカー番組あるある】」として、「ハイライトを作るのは難しい I番おもしろく伝えるために イツモ編集には頭を悩ませる やばいパスか超絶ドリブルか ベテランの奮闘や若手の台頭 っいつい時間だけが過ぎ去り ちゃんと出来たか不安な本番 !本当にお疲れさまでした!」とツイート。各行の1文字目を縦読みすると「ハーイやべっち!」となり、L字に読むと「本当にお疲れさまでした!」も付け加えられる。同じサッカー番組として、局の垣根を超えて粋な計らいでねぎらいのエールを伝えたことでも話題となった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。