2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


高田純次、『ドクターY』初出演 「悪役は演じていてすごく楽しい」

  • LINEで送る

ドラマスペシャル『ドクターY~外科医・加地秀樹~』(10月4日放送)高田純次(左)が出演。加地(勝村政信)の運命を握るVIP患者・尾蔵大介を演じる (C)テレビ朝日

 テレビ朝日系で10月4日に放送される『ドクターY~外科医・加地秀樹~』(後9:00)に、高田純次が出演することが明らかになった。勝村政信演じる“腹腔鏡の魔術師”こと加地秀樹を主人公に据えた、『ドクターX~外科医・大門未知子~』のスピンオフドラマシリーズの第5弾で、高田は加地の運命を握るVIP患者・尾蔵大介を演じる。

【劇中写真】VIP患者を演じる高田純次

 勝村と高田が初めて出会ったのは、ドキュメントバラエティーの元祖『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』。当時から阿吽の呼吸を見せていた2人が35年の時を経て、『ドクターY』でさらに進化したコンビネーションを見せつける。

 高田が演じる尾蔵は、日本スポーツ連合の会長という要職に就く人物。加地が客員准教授として招かれていた私立の名門・成鏡大学病院に「体調不良」という名目で入院してくるが、実はそれは贈賄疑惑を追及するマスコミから逃れるための“偽装”だった。

 VIP患者である彼に取り入り、東帝大学病院復帰への足がかりを作ろうと画策する加地に対し、「待遇が悪い」「部屋がタバコくさい」とワガママの限りを尽くす尾蔵。しかしある事象から、加地は偽装入院だったはずの尾蔵が本当に病に冒されていることに気づく。

 果たして尾蔵の真の病気とは何なのか? そして加地はそれを救い、本懐を遂げることができるのか? 高田は「今回、僕が演じる尾蔵大介は、はっきり言って“悪役”なのですが、悪役は演じていてすごく楽しいですね。尾蔵には人間の心理がよく現れたせりふなんかもあり、現実に起きていそうな出来事だな、と感じながら演じていました」とコメント。

 勝村との共演は、『西村京太郎トラベルミステリー』(2014年)以来のこと。「その当時も台本3ページ分ほどのせりふをリハーサルの時から完璧に覚えてきていて、驚いたことを覚えています。僕にとって初めての『ドクターY~外科医・加地秀樹~』出演。最初から最後まで、しっかりとご覧いただけたらと思います」と、呼びかけている。