2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  • LINEで送る

藤田まこと(右)さんの『はぐれ刑事純情派』が、原田泰造(左)主演ドラマスペシャル『はぐれ刑事三世』(10月15日放送)として装いも新たに帰ってくる (C)テレビ朝日

 故・藤田まことさんの代表作の一つ、テレビ朝日系で放送された『はぐれ刑事純情派』が、新たな主人公を得て再始動。その“レガシー”を受け継いだ主人公を原田泰造(ネプチューン)が演じるドラマスペシャル『はぐれ刑事三世』が10月15日(後8:00~9:48)、同局系で放送される。

【写真】原田泰造、藤田まことさんの別カット

 刑事ドラマの歴史に名を刻む『はぐれ刑事純情派』は、1988年の放送開始以来、2009年までの22年間のあいだに計444回にわたって放送され、最高視聴率25.4%(世帯/ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した大人気長寿シリーズ。今なお色褪せることのない伝説の刑事ドラマが、装いも新たに帰ってくる。

 新作の主人公、捜査一課の個性派刑事・浦安吉之を演じる原田は、俳優としての活躍もめざましく、ドラマ『全力失踪』(主演)、『未満警察 ミッドナイトランナー』、『サ道』(主演)、映画『ミッドナイト・バス』(主演)など、直近でも数多くの作品に出演してきた。テレビ朝日のドラマは初主演となる。

 『はぐれ刑事純情派』シリーズといえば、藤田さん演じる安浦刑事の人情味あふれるキャラクターが視聴者を魅了してきた。今回の『はぐれ刑事三世』の浦安は、普段はとぼけて昼行燈を演じているものの、実は敏腕な男。あちこち迷い寄り道(=はぐれ)しながらも、ひとつひとつ事実を積み重ねていく。事件の関係者の心にも すっと入り込み、立ち話でも笑顔を絶やすことなく、一方で相手の話の矛盾を鋭く突きながら、難攻不落な刺殺事件の真相に迫る。

■「これぞはぐれ刑事!」と言いたくなる雰囲気も楽しんでほしい

――はじめに『はぐれ刑事三世』出演オファーの話を聞いたときの、率直な感想は?

【原田】最初は、ただただ驚きました。なんと言っても『はぐれ刑事』ですから。その主演のオファーをいただけたことがうれしかったです。刑事はこれまでにも演じていますが、役柄として好きなんです。子どもの頃、刑事ドラマがたくさんあってよく見ていましたし、刑事を演じることは僕にとって目標のひとつでした。また、藤田まことさんが54歳から生涯かけて演じていた安浦刑事の奥深さ、そして俳優としての味わい深さ、心ひかれる演技に強く憧れを感じておりました。

――テレビ朝日の刑事ドラマに対する印象は? また本作がテレビ朝日ドラマ初主演となりますが、意気込みは?

【原田】どの作品も面白いですよね。その中でも『はぐれ刑事』は別格で、特別な作品だと思います。歴史があって視聴者の皆さんにとっても印象深いでしょうし、作品の持つブランド力が強いので、「主演だから」と気負わず演じられたらと思います。

――主人公の浦安吉之はどんな人物ですか? 役作りで大切にしているのはどんなところですか?

【原田】浦安は聞き込みに行っても、相手の言っていることをとことん信じようとします。そういうところで、彼の人の良さが伝わればいいな、と思っています。ただ浦安の内面にはいろんな感情があって、「実は…」という部分があります。見終わったとき、浦安の心情について「ああ、そういうことだったのか」と思ってもらえるような演技をしたいですね。

――ズバリ、『はぐれ刑事三世』の見どころは?

【原田】なぜ人が事件を起こしてしまうのか、登場人物たちの感情の動きを丁寧に描いているので、視聴者の皆さんも浦安と一緒に事件を追う気分を味わってもらえるはずです。浦安はどこか懐かしさのあるキャラクターですが、今の時代の刑事らしくスマホを見事に使いこなしています。そのギャップや、「これぞはぐれ刑事!」と言いたくなる雰囲気も楽しんでほしいです。

――視聴者にメッセージをお願いいたします。

【原田】『はぐれ刑事』ファンの皆さんによろこんで見てもらえる作品にするつもりなので、放送を楽しみに待っていてください! 僕に『はぐれ刑事純情派』の安浦刑事のような説得力があるのかどうか疑問ですが、今回は演技に渋さや重みを求められなかったので、安心しています(笑)。ぜひ『はぐれ刑事三世』をシリーズ化して、浦安の人間的な変化を演じていきたいので、応援のほどお願いします!