2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


草なぎ剛、歓声自粛にジョーク飛ばす「僕もアイドルを卒業したのかな?」

  • LINEで送る

(左から)内田英治監督、服部樹咲、草なぎ剛、水川あさみ

 俳優の草なぎ剛、服部樹咲、水川あさみ、内田英治監督が27日、都内で行われた映画『ミッドナイトスワン』の公開記念舞台あいさつに出席。無事に封切りを迎え、草なぎは「たくさんの方がいろんな努力をして、この作品を皆さんに届けられることを幸せに思っています。僕たち出演者、スタッフが一致団結し、とてもいい作品を作り上げた。楽しみにこの作品をご覧になってください」と呼びかけた。

【場面カット】母性あふれる表情を見せる草なぎ剛

 本作は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら生きるトランスジェンダーの凪沙(草なぎ)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(服部)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。

 新型コロナウイルスの感染予防対策として、客席のファンは歓声を自粛。草なぎは「出てきた時に声援が無いのは、生まれて初めて。僕もアイドルを卒業したのかな?」とジョークを飛ばすも、反応の薄い客席を見て「ウケてるのか、スベってるのか分からない状況ですね」と笑った。

 場を和ませた後は、トランスジェンダーの主人公・凪沙という役どころが話題に。草なぎは「経験のない役で、難しい役ではあるんですけど、今までで一番何も考えずにできたんです」と明かすと「それは監督や、隣にいる樹咲さん、あさみちゃんに引っ張っていただいた。役も作品も一人で作るものではない。それを実感させていただいた。みんなで一つの方向に進んでいると奇跡が起こるんだなって思いました」と感慨深げに語った。