2020夏季千葉県高等学校野球大会
ORICON NEWS


鞘師里保、モー娘。卒業後初舞台で主演 「TRUMP」シリーズ音楽朗読劇『黒世界』

  • LINEで送る

元モーニング娘。の鞘師里保が音楽朗読劇『黒世界』主演に決定

 元モーニング娘。の鞘師里保が、劇作家・末満健一氏が手がける舞台「TRUMP」シリーズの最新作となる音楽朗読劇『黒世界 ~リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について~』(※黒は旧字体/9月20日~東京・サンシャイン劇場ほか)で主演を務めることが決定した。

【写真】モーニング娘。卒業から約5年、22歳になった鞘師里保

 末満氏がライフワークとして2009年から展開する「TRUMP」シリーズは、不死を失った吸血種「ヴァンプ」たちが、永遠の命を持つとされる吸血種「トランプ」の不死伝説に翻弄されていく様を描いた演劇作品。人間でいう思春期=繭期(まゆき)の「ヴァンプ」の少年たちが生を渇望する姿を描いたシリーズの原点『TRUMP』、ハロー!プロジェクトのメンバーが出演したミュージカル『LILIUM-リリウム少女純潔歌劇-』などがこれまでに上演され、公演から派生した短篇小説も多数発表。10周年プロジェクトでは、戯曲やサウンドトラックCDの発売、展示会やライブイベント『繭期夜会』『繭期大夜会』が開催された。

 最新作『黒世界』の主演は、2014年に上演されたシリーズ2作目の『LILIUM』で主人公・リリーを演じた鞘師が“続投”。2015年末にモーニング娘。を卒業後、初の舞台出演となる。本作では、リリーが不老不死のあてなき旅の中で出会う、「雨下の章」と「日和の章」の2つの物語を同時上演する。

 末満氏は主演の鞘師との再タッグについて「モーニング娘。を卒業後、海外留学や様々な人生経験を重ねたであろう彼女とまた創作を共にできることが、今から楽しみでなりません」と心待ちに。「その他にも、TRUMPシリーズの世界観に新風を吹き込むキャスト陣にそろっていただきました。このメンバーで感染予防対策のガイドラインを遵守しながら、『新しい生活様式』ならぬ『新しい演劇様式』の中での最高の作品の創出を目指してまいります」と意気込んでいる。

 「雨下の章」にはほかに、樹里咲穂、池岡亮介、大久保祥太郎、新良エツ子、宮川浩、中尾ミエ、松岡充、「日和の章」には、上原理生、MIO、YAE、アイクぬわら、中山義紘、新良エツ子、朴■美(■=王へんに路)が出演。9月20日~10月4日まで東京・サンシャイン劇場、10月14日~20日まで大阪・COOL JAPAN PARK TTホールで上演され、9月22・26・27日、10月3・4日にはライブ配信も行われる。

 これにあわせて、シリーズの原点である『TRUMP』のコミカライズも決定。月刊漫画誌『ヤングエース』(KADOKAWA刊)で今秋から連載がスタートする