2020夏季千葉県高等学校野球大会
ORICON NEWS


銀シャリ、総務省の仕事で“国民的芸人”自覚? 橋本直が抱負「テレビでもアピールして…」

  • LINEで送る

『総務省 統一QR JPQR普及事業』広報大使任命式に出席した銀シャリ(左から)鰻和弘、橋本直(C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・銀シャリが14日、都内で行われた『総務省 統一QR JPQR普及事業』広報大使任命式に出席。報道陣から「総務省さんの仕事ということは、国民的芸人ですね」と向けられると「今言われて、より自覚が深まりました(笑)。自覚をもっていろいろ行動していかないといけない。よりステイホームというか。基本的に家にいようと思います」と襟を正した。

【動画】息ぴったり!軽快トークで会場を盛り上げる銀シャリ

 イベント冒頭、橋本直が「第7世代が大躍進する中、6.5世代を使っていただきまして、ありがとうございます!」とあいさつ。統一QRを使って、ドーナツを購入すると「ドーナツには穴がありますけど、このシステムには穴がないというね」とおなじみの“うまいフレーズ”で会場を沸かせた。

 今後の抱負について、橋本は「漫才師の人、『探偵!ナイトスクープ』に出ているので探偵の人って言われるんですけど、今後は『JPQRの人や』って言われたいですね(笑)。あとは、もうちょっとテレビでもアピールしていていきたい。読み取るとかのボケを入れて…」と意気込み。

 ステイホーム中の過ごし方について、橋本が「家に誰もいないので、空気清浄機と話していましたね。おやすみなさいって言っちゃいましたね」と嘆くと、鰻和弘も「趣味とかもやり終えて、最終的にはただただ座っているだけでした」と笑わせていた。

 今回の事業では、複数社ある決済QRコードを1枚のQRコードにまとめる(統一化する)ことで、1枚のQRコード(JPQR)で複数社の決済に対応。総務省では、今年度より全国でJPQRの普及を推進する事業を展開していく。

 任命式にはそのほか、官房総括審議官の秋本芳徳氏も出席。進行はTBSの良原安美アナが担当した。