2020夏季千葉県高等学校野球大会
ORICON NEWS


【エール】再放送4週目の解説放送はミュージックティーチャー古川雄大

  • LINEで送る

連続テレビ小説『エール』7月20日~24日の再放送4週目(第19回~第24回)の解説放送は、古川雄大が演じる御手洗清太郎(音のミュージックティーチャー)が担当 (C)NHK

 6月29日から再放送をしているNHK連続テレビ小説『エール』(月~土 前8:00 総合ほか)。7月20日からの4週目(第19回~第24回)の解説放送は、古川雄大が演じる御手洗清太郎が担当する。

【写真】『エール』第1週~第13週を名場面とともに振り返る

 解説放送とは、出演者のせりふ、津田健次郎による語り、挿入された資料映像の音声などはそのままに、映像に関する説明(出演者の表情、情景描写など)を音声で伝える放送サービス。通常、テレビのリモコンの「音声切替」ボタンを使って、「副音声」に切り替えることができる(※機種によって操作方法が異なる場合あり)。

 再放送1週目(第1回~第6回)は、山崎育三郎が演じる佐藤久志、再放送2週目(第7回~第12回)は、松井玲奈が演じる関内吟が解説放送を担当した。今週(13日~18日)の再放送3週目(第13回~第18回)は、森山直太朗が演じる藤堂清晴(主人公・古山裕一らの恩師)が務める。

 御手洗は、ヒロイン・音(二階堂ふみ)の歌の先生として第16回(4月20日放送)に初登場。「先生」ではなく「ミュージックティーチャーと呼んで」と求めるなど、その個性的なキャラクターが話題になった。第63回(6月24日放送)に「ミュージックティーチャー」改め「スター御手洗」として再登場。コロンブスレコードの新人歌手オーディションで美声も披露した。