2020夏季千葉県高等学校野球大会
ORICON NEWS


浅利陽介、患者役で2年ぶり医療ドラマ「新鮮だなぁ~」石原さとみと共演に喜び

  • LINEで送る

木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第3話に出演する浅利陽介 (C)フジテレビ

 俳優の浅利陽介が30日放送のフジテレビ系木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(毎週木曜 後10:00)第3話ゲストとして出演することがわかった。浅利が演じるのは、生徒思いで心優しい、萬津小学校の先生・新田奏佑(にった・そうすけ)。主演の石原さとみとは、『リッチマン、プアウーマン』(2012年・7月期)以来、約8年ぶりに共演。そして、大ヒットドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズではフライトドクターを演じる浅利が、約2年ぶりに医療ドラマに患者役として出演する。

【場面カット】浅利陽介が“患者役”として登場

 同ドラマは、萬津(よろづ)総合病院薬剤部に勤務するみどり(石原)をはじめ、新人の相原くるみ(西野七瀬)、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描いていく。

 石原との久々の共演について浅利は「さとみちゃんと一緒に仕事ができるのを楽しみにしていました!とっても居心地が良かったです。僕が自分のせりふを間違っても止めずに強引に(撮影を)進めたことがあるですが、そこにもしっかり付き合ってくれて感謝です!!」と喜びを語る。

 また「ストレッチャーに乗せられて“1、2、3”の掛け声を聞いたとき、“新鮮だなぁ~”と思いました。今回は患者なのでね…(笑)」と『コード・ブルー』の時とは違った役柄の心境を明かし、「撮影現場には『コード・ブルー』のスタッフさんたちもいたので、とても楽しいひと時を過ごせました」と満喫したことを明かした。

 慢性糸球体腎炎の持病がある新田は、校庭を走っている途中に倒れ、萬津総合病院の救急に搬送される。病院で意識を取り戻すと、処置中にもかかわらず、慌てた様子で帰ろうとする。倒れた原因も判明しないまま帰すわけにはいかないと、みどりが新田に入院するよう伝え、取り乱す新田をなんとか説得。みどりが新田に現在服用している薬について聞くと、大量の薬を服用していたことが判明する。

 さらに新田に薬を渡している薬局「ナカノドラッグ」が、食前に服用する薬を食後のものとまとめていたり、本来やってはいけないような服薬をさせていることが判明。みどりはその仕事の粗末さに怒り、ナカノドラッグに電話で問い合わせると、無気力そうな男性に適当にあしらわれ、電話を切られてしまう…。

 なお、小野塚綾役の成田凌とは『コード・ブルー』で先輩・後輩役を演じているが、今回は、浅利が演じる小学校教諭・新田に、何者なのか明かされていない謎の男・小野塚がどのように絡むのかにも注目。一体なぜ、小野塚はみどりが薬剤師であることに興味を持つのか、そこに新田も絡むこととなる。

 浅利は視聴者に向け、「病気やけがは体だけでなく、気も病ませてしまいます。そういう経験は僕にもありますが、その時出会った人、時間は思い出として僕の生きる力になっています。新田先生にこの思いを吹き込みましたので、ごらんいただければ幸いです」とコメントを寄せている。