ORICON NEWS


渡辺直美『映画ドラえもん』のゲスト声優に抜てき「木村拓哉さんの声に癒された」

  • LINEで送る

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』にゲスト声優として参加する渡辺直美(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020

 タレントの渡辺直美が『映画ドラえもん のび太の新恐竜』(3月6日公開)にゲスト声優で出演することが発表された。渡辺は、木村拓哉が演じる猿の姿をした謎の男・ジルと通信して、のび太たちの冒険を監視する怪しい女・ナタリーを担当する。

【キャラ画像】渡辺直美が声を担当したナタリー

 映画40作目を迎える今作は、のび太が双子の恐竜キューとミューに出会って始まる物語で、伝説の映画1作目『映画ドラえもん のび太の恐竜』とは異なる、新しいオリジナルストーリー。キューとミューの仲間の恐竜たちを探して、6600万年前の白亜紀を舞台にのび太たちが大冒険を繰り広げる。

 『映画ドラえもん』への出演は初となる渡辺は「青い服を着ると必ず『ドラえもん?』って言われていた私が、全身真っ青の服を着て、公式でドラえもんと並べるなんて感動です」と自虐しながらも笑顔。オファーが届いたときも「ドラえもん役かな?」と思ったことを明かす。

 木村とバディを組むことになるが「アフレコは緊張したのですが、ヘッドホンから聞こえる木村拓哉さんの声に癒やされながら、なんとか乗り切れました。今でも木村さんのすてきなお声が耳に残っています」とニッコリ。そして「ナタリーのセクシーボイスもご期待ください!」とアピールしている。