ORICON NEWS


竹内唯人、ドラマ主題歌を書き下ろし キスシーンに流れる曲

  • LINEで送る

テレビ朝日360°ドラマ『鈍色の箱の中で』の主題歌は竹内唯人の「ニビイロ」に決定。完全書き下ろしの切なすぎるバラード

 AbemaTVの『オオカミちゃんには騙されない』(2019年夏)に出演し、クールなルックスと人懐っこい性格からティーンを中心に人気に火が付き、昨年10月に「Only me」で歌手デビューした竹内唯人(たけうち・ゆいと)の新曲「ニビイロ」が、テレビ朝日の360(サンロクマル)°ドラマ『鈍(にび)色(いろ)の箱の中で』(2月8日スタート、毎週土曜 深3:00※ビデオパスで独占見放題配信)の主題歌に決定した。

【写真】ドラマのメインキャスト6人

 最近では舞台やファッションイベント、トークショーなどにも精力的に活動している竹内。歌手デビューからわずか4ヶ月で連続ドラマの主題歌を手掛けることになり、「いつかドラマの主題歌を担当したいと思っていたので、お話をいただいときは『ヨッシャー!』と感情が爆発した」と、コメント。

 「ニビイロ」は、竹内自身がキスシーンを想像しながら作詞を手がけたバラード。劇中で描かれるさまざまなキスシーンを彩っていく。「今回、ドラマタイアップ曲という事でいっそう気合いが入っている1曲になっています。自分がこれまで聴いてきた音楽の中で1番聴き込んでいたジャンルで、いつかやってみたいと思っていた音楽なので、曲が完成して最初に聴いた時は感動しました。歌詞や曲名などがドラマの内容とシーンに対して重なるようにという気持ちで歌詞を考えました」と明かしている。

 同ドラマは、同じ分譲マンションに住む高校生の桜井美羽(久保田紗友)、辻内基秋(萩原利久)、真田利津(神尾楓珠)、高鳥あおい(岡本夏美)、庄司悟(望月歩)が繰り広げる、切なくも危険な偏愛ラブストーリー。

 主題歌「ニビイロ」は、2月7日から音楽配信サービス「LINE MUSIC」で独占先行配信。2月14日から音楽配信サービス各社でも配信。LINE RECORDSの公式YouTubeアカウントでは、ドラマ完全連動コラボレーション映像を公開中。