ORICON NEWS


水卜麻美&若林正恭のトークライブ、動画配信スタート

  • LINEで送る

バラエティー番組『犬も食わない~ディスり合いバトルコント~』のスピンオフライブ「犬も食わない話」の模様(C)日本テレビ

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭、日本テレビの水卜麻美アナウンサーが昨年11月21日、東京・恵比寿ガーデンルームで、同局系のバラエティー番組『犬も食わない~ディスり合いバトルコント~』のスピンオフライブ「犬も食わない話」を開催。その模様が、日テレショート動画「テレビバ」の「犬も食わない」YouTubeチャンネルで、きょう24日から毎週金曜全9回にわたって配信されることが決定した。

【写真】一張羅で来た水卜アナとラフな格好の若林

 同番組は、今、巷で巻き起こっている小競り合いを人気女優や話題の芸人が再現する“ディスり合いバトルコント”番組。2018年10月から12月にかけて全10回放送され、今年3月にも単発で放送された。若林と水卜アナはバトルごとに、どちらのタイプを応援するか話し合い、番組オフィシャルTwitterでもそれぞれの意見を発信するなど、放送のたび視聴者とともに大いに盛り上がっていた。

 24日の配信初回は、記念すべき初ライブのオープニングからスタート。水卜アナは念願のライブとあって、一張羅を着て気合いを入れるも「(ライブの)流儀がわかりません」とオロオロ。逆にライブにおいて百戦錬磨の若林は「イージー」と嘯(うそぶ)くほどの余裕を見せる。水卜アナは、これほどまでにライブを切望するようになったことについて「きっかけは若林さん」と告白。5年前、ネット上の心無いコメントに胸を痛めていた水卜アナは、その悩みを若林に打ち明けた際、若林に言われたひと言に感激したという。

 ライブでは、2人がそれぞれ話したいトークテーマを提示。「休みの日にしたいことが見つかった」という若林は「自分の経験上若い子に言いたい」と明かし、人生をRPGに例えてある持論を展開。さらにアメリカのテレビCMをヒントに、とある“やりたいこと”にたどり着く。そのまさかの内容に会場中が騒然とし、水卜アナも驚愕しつつ「かっこいい」「思いがけずいい話でしたよ」と若林の背中を押す。

 水卜アナのトークテーマは「ワルになりたい」。周囲から「いい子」と思われ、実際にそう生きてきたというが「このままずっとこれでいいのか」と悩み、自分なりの“ワル”をいくつか実行したと報告。しかし、あまりに小ぶりな水卜アナの“ワル”っぷりに、若林は「それってワルなの?」とツッコミ。そこで水卜アナは、会社や周囲の人たちにも黙って一大決心した水卜アナ史上最大の“ワル”をぶっちゃける。

 今後の配信でも、若林がトイレでこっそりやっている行動に水卜アナが「怖い、怖い!」と思わず悲鳴をあげる一方で、水卜アナが「誰にも嫌われたくない」と本気で考えるがゆえに、ある構想を披露し、若林が「怖えーなー!」とのけぞるなど、驚愕のエピソードが続々。さらに水卜アナは、ある病気を発症するほど落ち込んだ会社での大失敗談や、エンディングでの猟奇的サプライズなど、これまでテレビでは見せなかった姿が大放出される。