ORICON NEWS


日本エレキテル連合・中野、松尾アトム前派出所と結婚 交際0日で「何とも奇怪な展開です」

  • LINEで送る

(左から)日本エレキテル連合・中野聡子(そうこ)、松尾アトム前派出所

 お笑いコンビ・日本エレキテル連合の中野聡子(36)が、お笑い芸人の松尾アトム前派出所(41)と18日に結婚したことを所属するタイタンの公式サイトで発表した。

【画像】超達筆、中野聡子の直筆コメント

 同じ事務所である中野と松尾は、それぞれ直筆のメッセージをサイト上にアップ。中野は「私事で大変恐縮ですが、私、日本エレキテル連合 中野聡子は1月18日に同じタイタン所属の松尾アトム前派出所さんと入籍をいたしました」と報告した。

 松尾からは以前より熱烈なアプローチを受けていたと明かしたが、「松尾さんの致命的な滑舌の悪さは、どんなに歯の浮く文句を並べていただいても、昆虫の羽音を聴いているようでした」と当初の印象はさっぱりだった様子。ところが、昨年の大みそかに「突然『そうだ結婚しよう』と思い立ち、その日のうちに松尾さんに提案したところ、ふつつかな私をお嫁さんにしたいと言ってくれました」と急展開で結婚を決めた。

 また、「本当に急に決めたので、お付き合いなどはしておらず、結婚に至るまでの一般的なプロセスを一切すっ飛ばした何とも奇怪な展開ですが、皆様には温かく見守っていただけたらうれしく思います」と伝えている。

 お相手の松尾も「タイタンに入団して6年。出会って6年。当初バーター仕事をいただいて『エレキテル様!』と呼んでいた期間2年。この人かわいいなと思えて『なかパン』と女子アナみたいに呼んでた期間2年。さらに女として見始めて『キモイ!』って言われ続けて2年。交際期間0日」と振り返り、「このたび、日本エレキテル連合・中野聡子さんに完璧に感電しましたので、結婚させていただきます。とても大切にします宣言。今後ともよろしくお願いします」と呼びかけた。

 中野は橋本小雪とのコンビで「未亡人朱美ちゃんシリーズ」ネタのセリフ「ダメよ〜ダメダメ」でブレイクし、2014年『新語・流行語大賞』の年間大賞を受賞。松尾は長野でリンゴ農家を営みながらピン芸人として活動している。