ORICON NEWS


芳村真理、認知症の夫を10年介護 決意の言葉に田原俊彦が涙の告白

  • LINEで送る

22日放送のバラエティー番組『爆報!THE フライデー』(C)TBS

 『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ)『料理天国』(TBS)などの人気番組で司会を務めていた女優の芳村真理(84)が、22日放送のTBS系バラエティー番組『爆報!THE フライデー』(後7:00)に出演。50年以上連れ添った最愛の夫を人知れず介護していることを打ち明ける。

【写真】先週の放送では58歳になったレジー・ベネットさんに密着

 芳村の夫は実業家の大伴昭氏で、日本ポラロイドやカルティエ・ジャパンの社長を歴任したスーパーエリート。今回、芳村は夫との思い出のレストランを訪れ、最愛の夫を襲った病が「遺伝性の認知症」であり、約10年にわたって介護していると告白する。

 歌手のフランク・シナトラ、ジャズ歌手・ピアニストのナット・キング・コール、そしてアメリカのキッシンジャー元国務長官、ソニー創業者の盛田昭夫氏など、芸能界、政界、財界と多岐にわたり各界の大物たちと交流を持っていた大伴氏。そんな夫が引き合わせる超大物たちを前に、芳村は妻としての振る舞いや教養を常に要求され、後にこの経験が芸能界における女性司会者としての仕事に大いに役立ったという。

 2007年、芳村は夫のビジネス引退を機に夫と共に茅ケ崎へと移住。芳村自身も仕事を減らし夫婦2人の時間を楽しむつもりだったが、2年後の09年、遊びに来ていた長年の友人が夫の異変を口にし、夫婦はすぐさま病院へと向かうと、医師から「家族性アルツハイマー」と告げられる。

 最新の調査でアルツハイマーの25%が遺伝に由来するものだと言われているが、大伴氏の母もかつて認知症を患っており、自身にも全く同じ症状が出始めていた。実業家として自信と誇りに満ちあふれ、世界中の超一流の人物と渡り合っていた夫が認知症となり、芳村は心の内を悟られまいと必死に平静を装ったと振り返る。

 夫の認知症は着実に進行。番組には芳村夫婦の様子を間近で見ていた孫娘も出演し、病と闘う2人の姿を激白。また、苦悩の末、芳村が決意した夫への思いと介護について語る芳村の姿に田原俊彦が涙の告白をする。