ORICON NEWS


倉木麻衣、大人版『ゼクシィ』表紙で花嫁姿 結婚への想いも赤裸々に告白

  • LINEで送る

結婚情報誌『ゼクシィPremier』Winter2020表紙で花嫁姿を披露する倉木麻衣

 歌手の倉木麻衣(37)が、結婚情報誌『ゼクシィPremier』Winter2020(11月22日発売)の表紙に起用され、ウエディングドレス姿を披露することが明らかになった。インタビューページでは、結婚への想いも赤裸々に語った。

【写真】純白ドレスでポーズ決める別カット

 『ゼクシィ』姉妹版の同誌は、33歳からの大人花嫁のための季刊誌。同誌の横田佳子編集長は倉木を表紙に起用した理由について「17歳でデビュー以来、第一線を走り続ける大人の女性として、ぜひ表紙に! と今回ご依頼させていただきました」と説明し「デビュー当時から変わらない透明感に、撮影中はスタッフから『素敵!』の声が止まらず、でした」と撮影裏話を明かした。

 これまでに“ウエディング風”衣装は着たことがあるものの、「本格的なのは初めて」という倉木は、大人花嫁メイクを施された自身の写真を見て「16歳で全米デビューしてから…大人になったなぁ」としみじみ。ウエディングドレスには幼い頃から憧れがあり、書店で『ゼクシィ』を眺めることもあるといい、今回の表紙オファーを機に「改めて結婚に対して向き合おう」と思ったと告白した。

 12月8日には、ミリオンヒットを記録したデビューシングル「Love, Day After Tomorrow」(99年12月発売)から20周年を迎える倉木は、「歌と結婚しました」と話すほど音楽活動に打ち込んできた。「昔から結婚願望は薄かったですし、恋愛をする余裕がないくらい音楽に夢中な20年間」だったそう。しかし近頃では、友人の結婚式に出たり、結婚の話を聞いたりするなかで「いつか私も自然な流れで結婚できたら」と結婚観に変化が出てきたといい、今回の撮影を経て、「いつか結婚したいとより強く思いました」と話す。

 理想の相手は「自分のライフスタイルを理解してくれて、お互いの夢に向かう姿勢を支えあえる人」。全国ツアーの期間中は体力的にも精神的にも一人の時間が必要だそうで、「集中しているときは遠くから見守ってほしい。こんな感じだからずっと1人なんですかね?」と茶目っ気たっぷりに笑った。

 「ライブで見られる皆さんの笑顔が本当に原動力」と語る倉木は「20周年を終えた先に、また見えてくるものがあると思います。結婚式も同じで、ゴールでもありスタートでもある。常に夢や目標はゴールだし、スタートでもあると思っています」と明かし、理想の結婚式については「人生の記念すべき日なので、ふたりでどういう式にしたいかを一緒に考えていきたい」「みんながハッピーなことを第一に考えて、望んでいただけるのであれば(自身の歌を)歌います」とノリノリだった。

 なお、今号は年に一度のスペシャル付録として、『ゼクシィ Premier』とティファニーがコラボした婚姻届が封入される。