ORICON NEWS


ムロツヨシ、NHK主演ドラマでトランスジェンダー役

  • LINEで送る

スペシャルドラマ『総務部長はトランスジェンダー』(2020年3月21日放送)主演のムロツヨシ

 俳優のムロツヨシが、NHK総合のスペシャルドラマ『総務部長はトランスジェンダー』(来年3月21日放送、後9:00~10:13)の主演を務める。本作の撮影で「毎日、女装している」というムロ。「父であり夫であり、でも女性として生きたい総務部長として、いま毎日生きております」と、話している。

【写真】共演の鈴木紗理奈

 岡部鈴氏が自身の体験をつづった『総務部長はトランスジェンダー 父として、女として』をドラマ化。美しくなりたい。女として生きたい。でも父として夫として、家族とも一緒に過ごしたい。四十代半ばで女性になりたいと思った、ある総務部長の波乱万丈の物語。

 食品会社の総務部長・三浦安雄(ムロ)は、会社の送迎会で女装姿になり、今までにない解放感を味わう。最初はこっそり女装やメイクを試していたが、トランスジェンダーの先輩・つばきさんに「女装がしたいの? 女性として生きたいの?」と問われ、女性になりたいという気持ちが高まる。

 メンタルクリニックで「性別違和」と診断された安雄は、妻のカオリに思い切って告白するが、混乱したカオリは全否定。女装道具を捨てるよう命じられた安雄は、近所のトランクルームに運び込む。

 ある日会社での女性軽視のやり方に憤慨した安雄は、後輩のはるちゃんの反対を押し切り、“自分はトランスジェンダーである”ことを一斉メールで通知。トランクルームで女装し、“女性として”働く生活が始まる。しかし、妻にバレてしまい、会社でも上司の差し金で地方転勤が持ち上がる。安雄は果たして「女として生きる道」と「愛する家族との生活」を両立できるのか!?

 ムロは「物語はユーモラスであります。ユーモラスのなかに生きる、いやユーモラスにするために、根の部分を考える毎日です。いろんな多くの性を考えます。性別は? 人間性は? 個性は? 性格は? 素性は? 女装、女性を装いながら、一人の男性がぶつかり、決断、行動をした結果、そんな女性のユーモラスな話をお届けします。こんなホームドラマはいかがですか? 皆さんの期待を超えるドラマをお観せすることを約束します」と、コメントしている。

 ほかに、鈴木紗理奈、伊藤沙莉(語り)、三宅弘城、中村中、中村育二、平泉成、松金よね子などが出演する。